モンドくん、森にあらわる!

mondokun
8月17日、日曜日。
『ヨレヨレ』の表紙の絵でもおなじみ、モンドくんが「よりあいの森」に遊びにきました。

2014072301
今、「森のカフェ」ではモンドくんの画集『モンドくん』を販売しているのですが、
その本にサインしてくれるというのです。

2014081709
モンドくんファンの職員が次々にサインをもらいます。

2014081713
こんな感じで一冊一冊サインしてくれました。
「森のカフェ」での販売分は、全部サイン入りです!

2014081712
この日は、ミュージシャンの父・ボギーくん
母・ベイビーさんと弟の天晴(てんせい)くん
そして妹の今(いま)ちゃんと、一家全員で来てくれました。
ボギーくんは『ヨレヨレ』で「ぐるぐるチンチン」という
手描きエッセイを連載していますよ。
いろいろお世話になってます。

2014081711
あ、今ちゃんがなにかに反応しています。

2014081710
ぶにぶに~
職員の連れてきた子どもに積極的なアプローチ!
ぶにぶに~

2014081708
その後、「第3よりあい」に移動して、今日のシークレットイベント、
「モンドくんの似顔絵屋さん」はじまり、はじまり~!
今日は無料大サービスデーとのこと!
ほんとにいいの?
うれしーい!

2014081707
モデルはまもなく102歳の誕生日を迎えられるフミエさんです。
今日は息子さんもいらっしゃってます。
「おねがいしまーす!」

2014081705
職員の見守る中、似顔絵描きに集中するモンドくん。
フミエさんは途中で寝ちゃったみたいですが、関係ありません。
ものすごい時間をかけて絵を描いてくれてます。

2014081704
「できたよぉ!」
モンドくんの絵に職員一同驚嘆!

20140817fumie
ドーン!!
途中で寝ちゃったフミエさんの姿がばっちり描かれてます。
着ていた夏のワンピースの柄も完璧!
うははは。すごい!

2014081703
その後、再びカフェに戻って「似顔絵屋さん」は続きます。
101歳のおばあちゃんの次は、1歳の赤ちゃん。

20140817kuni
はい、ドーン!
もうめっちゃ似てる!

2014081702
代表の村瀬孝生も描いてもらってます。

今日、モンドくんが急遽こうして似顔絵屋さんを開いてくれたのは、
父・ボギーくんの発案によるものでした。
ありがとう、ボギーくん。そして、モンドくん。

2014081701
はい、ドーン! ドーン!
右が村瀬孝生、左が下村恵美子
ぶははは。めっちゃ似てる。

なお、この日の模様は、モンドくんのブログ
「モンド今日の絵」でも楽しく紹介されてます。
http://mondo-art.blog.jp/archives/40390355.html
見てね!

未来ちゃんのひまわり日記01

ナナロク社の川口さんから、面白いものをもらいました。
2014061601
「未来ちゃん ひまわりのタネ」です。

10万部突破の大人気写真集『未来ちゃん』(撮影・川島小鳥/ナナロク社刊)の
販促キットとして配られているもののようです。かわいい!

2014061602
中に10粒のタネが入っていました。わーい!

というわけで、僕もひまわりを育てようと思います。
2014061605
植木鉢に森の土を掘って入れました。
2014061604
よくわからない虫がこっちを見てます。
2014061606
2ミリほどの深さにタネを埋めます。ジョウロがないのでヤカンで水をあげました。
2014061607
「日当たりのいい場所に置いて下さい」と書いてありましたので、
ふくろうの模様が彫ってある丸太のイスに置きました。
芽が出るといいなあ……
2014061608
おやつは高級メロンでした。めちゃくちゃうまい!

これからちょくちょく「未来ちゃんのひまわり日記」を書こうと思います。
お楽しみに!

東京青山BOOK246と川口さん

お知らせです。

さきほど東京にある「ナナロク社」川口さんから電話をいただきました。
「ナナロク社」は小さな会社なのですが、
それはそれは面白い本をたくさん出している出版社であります。

たとえば「未来ちゃん」
http://www.nanarokusha.com/book/2011/04/15/784.html

たとえば「intimacy」
http://www.nanarokusha.com/book/2013/12/14/2113.html

たとえば「ぼくはこうやって詩を書いてきた ―谷川俊太郎、詩と人生を語る―」
http://www.nanarokusha.com/book/2010/07/01/422.html

どれも愛情のようなものを感じる素敵な本です。
手に取れば、それが伝わってくる本ばかりです。
そういうのって、うまく言葉に出来ないんだけど、
ちゃんと伝わってくるんですよね。
少なくとも、僕には伝わっています。

谷川さんがらみの面白い出版物としては、
「ポエメール」という封書で送られてくるものも過去に出たことがあって、
これは中を開けてみるまでは、何が入っているかわからない仕掛けになっております。
コースターの裏に谷川さんの詩が書いてあったり、
谷川さんが子どもの頃描いた絵がポストカードになっていたり。
(この夏はボックス仕様のものが登場。4月終わり頃に第2次予約受付。限定販売)
ナナロク社のホームページはこちらから

そこで働かれている川口さんとは、
谷川さんのお宅で知り合いました。
kawaguchisan

『ヨレヨレ』のことをたいそう気に入ってくださっていて、
ついには「ナナロク社でも取り扱いたい」
「東京のあちこちで、私が売ってみたい」と、
信じられないような嬉しい申し出をしてくださったのでした。

というわけで、きたる4月12日(土)13日(日)の2日間、
青山にある「BOOK246」というお店で、
『ヨレヨレ』が販売されます。
「贈本市」というイベントで、川口さん自ら売ってくださるのだそうです。
http://book246.com/news/event/8265

「BOOK246」さんは建物の取り壊しにともない近々閉店になるそうで、
その最後を飾るイベントになるのだそうです(こんないい雰囲気のお店なのに残念)。
http://book246.com/shop

東京在住でお暇のあるみなさん。
今週末は青山に足を運んでみませんか?
そして、川口さんに会ってみませんか?
川口さんは、とっても素敵な女性ですから。

ほんとですよ。

2月22日のカフェ通信

ぽかぽかの陽気に恵まれた「森のカフェ」です。
2014022201

今日は2月22日、ゾロ目の日。ママ友カフェの日です。

ランチメニューは「トマトチキンカレー」とママ友カフェ名物「そぼろ丼」の2種類。
やさしい味付けでおいしいです!
2014022204

ドイツからやってきた研究者・ルーさんがホールを担当。
ジャッキーさんもいましたよ。
2014022202

森の庭先では臨時バザーも開催中です。
2014022212

生活雑貨や陶器類はどれも3つで500円
激安な上に品物もたくさん!
2014022211

こんなかわいいお皿もあるから――
2014022214

ついつい買っちゃうのよね。
2014022205

テーブルや椅子類も激安!
2014022206
おしゃれなチェアがたったの1500円

2014022213
小学校の机と椅子がたったの1000円

2014022203
ミッドセンチュリーのマガジンラックはなんと500円
今日来た人は超ラッキー!

2014022209
おもしろ雑貨コーナーにも掘り出し物あり。

2014022208
村瀬孝生放出のミリタリー系プラモデルも3つで500円!

……ん! こ、これは!
「ボディビル界の百恵ちゃん」で一世を風靡した西脇美智子さんじゃないですか!
2014022207
な、なつかしー!
僕、彼女が主演した映画『お嬢さん探偵・ときめき連発!』観たことあるんですよ。

というわけで、今週のカフェは大変面白うございました!

谷川さん、ありがとう。

なにやらまじめな話をしているようです。
tanikawa04

東京某所。ここは谷川俊太郎さんのご自宅です。
窓の外には白梅。雪が積もった庭に美しい花を咲かせています。
tanikawa03

まじめな話はすぐ終わり、午後のひとときは他愛もない雑談で楽しく過ぎていきます。
なんてことない話ばかりだけど、でも、とても贅沢な気分。
tanikawa01

谷川さんが家の引き出しの中にあった古い腕時計をくれました。
どんな時計なのか、みんなで調べて盛り上がります。
tanikawa05

これが詩人の後頭部です。
tanikawa06

夜は谷川さん行きつけの和食屋さんで一緒にご飯をたべました。
なんだかんだで7時間。谷川さんと過ごしました。
僕らは本当に幸せな気分です。