ゴスペルと101歳

毎月第4土曜日のカフェはゴスペルの日。
あいにく雨でしたが、この日もたくさんのお客さんが来られました。

アメイジング・グレイス
君は愛されるために生まれた
OH,HAPPY day
などなど

体中に響く歌声と彼女たちの笑顔に魅了されてしまいました。

しかし、彼女たちの真ん前に座り、目を閉じて険しい顔をしている人が一人・・・。
時々、歌のサビの部分のときだけ彼女たちをチラッと横目で見るだけ。
隣に座っていた僕は、この音楽を楽しんでもらおうと、リズムに合わせて膝を打ってみたり、体をゆすってみたり・・・だけど、その人は表情一つ変えません。
歌は次々進み、みんなも手拍子を始め身振り手振り一緒にゴスペルを楽しんでいる人や、感動で涙を流してる方もいました。最後の「OH,HAPPY DAY」では観客も一緒に歌ってました。

その盛り上がりの中で最後まで目を閉じたままのもうすぐ101歳のフミエさん。
感想を聞くと「ああ、うるさいね。」とポツリ。
「生きているか死んでるか、分からんやった。」と言われてました。

俊太郎さんの詩 2遍

 自分をはぐくむ  

悪いこころと善いこころ                                            悪いことと善いことと                                             ふたつはからみあっている                                         木に巻きついた蔓のように

自分をはぐくむのは難しい                                          自分を枯らすのは簡単だ

あなたを導くのは                                               ほかでもないあなた自身                                          あなたはあなた自身を超えていく                                     自分を発見し続けることで

自分を大切に見つめたい                                          今日も明日もいつまでも

 

 おだやかに

追い求めると                                                  楽しみには哀しみしか残らない                                       甘えると                                                     苦しみはいつまでもうずく

失うもののないこころには                                          喜びが流れ込んでくる

怒りが閉ざす                                                  こころを閉ざす                                                 うぬぼれがしばる                                               こころをしばる

おだやかにあれ  こころよ                                         のびたかに しなやかに はれやかに

 

詩人      谷川俊太郎

 

 

あしたのカフェ 

今日は朝から雨が降ったりやんだりです。森に入ってくる車を傷つけないようにと、飛び出している木の枝を鋸で切り落としていたら、突然雨が降り出しました。

途中でやめるのもなんだし・・・、とずぶ濡れになりながらギ―コギ―コ続けていると、落ちてきた葉っぱが身体のいたるところにピタッとくっつきました。腕が「チカッ」として慌ててふりはらいましたが、細~くて 真っ白な 自慢の二の腕 に (実は太くて、真っ黒だと評判な・・・)   なーんと  何本もの蚯蚓腫れができてしまったのでーす。     じぇ じぇ じぇーーー!  か細~い身体で、マゴマゴと慌てているうち、お尻・太もも・足のすね・ほっぺた・眼の横・などなど 。 全身に「かゆみ」が走り、ぞーぞーーとして、風呂場に駆け込み全身を洗い流した次第です。  (身体の面積が狭いもんで・・・いろいろと被害甚大となりやすい。)

か弱いわたくしがなぜこんな目にーーー! 神様  仏様 なんの試練のおつもりでしょうか。 (心のなかでは   なんて こったい ! なのですが・・・)  よりあいの森 の小話でした。

さてさて、本題は、明日のカフェです。                                   2ヶ月ぶりの「ママ友」カフェです。

今日の朝から幼稚園や保育園のママ友と子どもたちが集まって、明日の下準備が始まっています。

ガーリックでしょうか・・・おいしい香りがすでにたちこめていますよ。

メニューは2種のそぼろごはんです。高菜&高野豆腐。南瓜の胡麻和え・茄子のマリネ・中華風コーンスープが付いてます。   スゥイ―ツも楽しみにして下さい。もちろん人気のかき氷・ソフトクリームも準備しています。

ミニコンサートがあります。クラリネットとピアノの生演奏。12時30分からと14時30分から2回です。(30分間)リハーサルがはじまりましたが、「情熱大陸」のテーマソング・・・?や トトロの歌が聞こえてきました。       お楽しみに・・・・・。

夏休み最後の日、是非よりあいの森に遊びに来て下さい。

台風の影響が激しいのは明日の夜という予報でしたが・・・。                    どうぞお手柔らかに  と願うばかりです。

雨が多少降ってもカフェは開店するつもりです。

なんとか 腫れとかゆみがおさまった      さゆりママ でした。

 

ご心配おかけしました!

「宅老所よりあい」のホームページ作業部です。
8月29日未明より、当ホームページが閲覧不能、もしくは文字化けなど、
様々な障害にさらされていたことと思います。

その原因はバングラディッシュのハッカー集団による
サーバー運営会社(ロリポップ)への一斉攻撃によるもので、
当サイトもその流れで被害にあったということのようです。

それから約8時間ほどかかりましたが、
午後5時ごろ、当サイトはほぼ修復が完了いたしました。

不正なプログラムやウィルス等も、
現在のところ検知されておりません。

皆様がたには大変ご迷惑、またご心配をおかけしましたが、
これからも「宅老所よりあい」のホームページをどうかよろしくお願いいたします。

あしたのカフェ と そのあと 

昨日の夜から朝にかけて、雨が少し降りました。お湿りのような雨でしたが、
私たちにとっても、森の木々やネコちゃんやトカゲ・セミ・チョウチョたち
森のすべての生き物にとって、久しぶりに一息できる雨でした。
朝、濡れた緑の葉っぱが光っていました。

あすのカフェですが、月に1回きてくれる「グラットゴスペルシンガーズ」のミニコンサートの日です。
1時半からの開始です。常連さんも楽しみにしておいでくださっています。
8人の熟女が奏でる歌声は、暑さでと忙しさで弱っている人達を、全身で包み込み元気にしてくれます。

ランチメニューは、①ジャガイモのニョッキ・トマトソースかけ ②まめ豆カレー です。
かき氷も人気急上昇中! 手作りの桃みつ・なしみつ・抹茶あずき を用意して待っています。

星よりひそかに~♪  雨よりやさしく~♪
朝のテレビ海女ちゃんからこの歌が流れてきたときは、じぇじぇじぇーー!!
と叫んだ  さゆりママ でした。

そのあと

そのあとがある
大切な人を失ったあと
もうあとはないと思ったあと
すべて終わったと知ったあとにも
終わらないそのあとががある

そのあとには一筋に
霧の中へ消えている
そのあとは限りなく
青くひろがっている

そのあとがある
世界に そして
ひとりひとりの心に

谷川俊太郎

9/7日 谷川さんの声で聞いてほしい 「詩」を 一つ みなさんへ。

8月の世話人会

8月20日、よりあいの森カフェで「世話人会」を行いました。

世話人会とは、「よりあい」職員と「よりあいの森をつくる会」のメンバーで行う会合の呼び名です。

毎月1回、夜の7時ぐらいに集まって、2時間から3時間、活動の報告やこれからの取り組みなどについて話し合っています。

と書くと、なにやらすごくマジメな集団がすごくマジメにやってるようですが、
特にそういうわけではありません。

パンやおにぎりをつまんだり、コーヒーを飲んだりしながら、わいわいやってるという感じです。

sewanin-kai

この日は、9月7日に迫っている谷川俊太郎さんとDiVaの「チャリティコンサート」に関する話し合いがメインでした。

舞台で準備するものは? 会場の案内は? 物販や受付はどうする?
班ごとに分かれて話し合います。

なお、チケットは現在絶賛販売中。
やや苦戦してますので、よろしかったら、いらしてくださいね。
詳細はこちらです。
お申し込みは、郵便振替だけでなく、お電話でも承っております。
お気軽にお申し込みください。
◆宅老所よりあい/よりあいの森をつくる会 電話:092-845-0200

また、先日収穫したブルーベリーの実と、その実で作ったジャムの即売会も行われました。

blueberryjam

味には定評のある「よりあいの森特製・手作りジャム」。
もちろん、あっという間に完売でした。

ジャムづくり全開!~ブルーベリー狩りin七山~

佐賀の七山までブルーベリー狩りに行ってきました。

老人ホームの資金作りで始めたジャム作り!

わたしもよりあいに勤務し始め、約4か月。

バザーに参加することで、お金を作る大変さを学び、
老人ホームの建築会議で話を聞いたり、
いろんな方々と関わらせていただく中で、
わくわくさせられている一人でもあります。

そしてこのジャム作りの数々の果物、材料はさまざまな方々とのつながりの元、作らせていただいているものばかり!

今回も職員の家族の方が育てていらっしゃるということで収穫を手伝わせていただきました!
ダウンロードブルーベリー2

それはそれは粒の小さいブルーベリー。

5人でやってるから、カゴ5分の1行きたいよね!
と目標が出来た瞬間、急に静まり返り、無心にブルーベリーを取り続けていました。

虫除け、日焼け対策を万全にして臨んだ結果、サウナスーツのような姿で取り組む某男性職員I氏。

痩せるかなとつぶやきながら熱中しすぎて熱中症になりかけるという。(笑)

後の温泉で測定したところ550g減できたそうです。

それはさておき、予定していた1時間ではどうも達成感を得られないという話になり30分延長し、終了いたしました!

収穫後カゴを並べ、見比べるとやはり本場農家出身のお母さんは3倍の収穫量!

ブルーベリー5

目標には当然到底及ばなかったけれども、「達成感」得ることができました!

その後はスイカを頂き、温泉に入り充実した日になりましたっと!

めでたしめでたしでは終われない!

早速、次の日収穫したブルーベリーでジャムを作りました!

ブルーベリーを洗う作業、混ぜる作業、瓶を煮沸させ文詰め作業、とっても地道なことばかりでしたが、収穫から手伝わせていただき、特に思いの詰まったジャムになりました。

あなたの朝のおともにどうでしょうか?

今後の旬の果物手作りジャムも乞うご期待!!

ドキュメンタリー映画上映会

暑い暑いの毎日です

暑気払いのご案内をひとつ

よりあいの森カフェでドキュメンタリー映画の上映会をおこないます

『いのちを楽しむ-容子とがんの2年間-』

http://inochiyoko.jimdo.com/

いのちを楽しむホームページ写真

この6月に封切られた話題の映画です

40歳で乳がんを発症した彼女は『患者よ、がんと闘うな』の著者・近藤誠医師を主治医に、自然に自由に、仲間とともに生きてゆく

彼女の「最期の2年間」に寄り添った<いのち見つめる>ドキュメンタリー

映画上映のあとはお茶を飲みながら、いのちの終わりの過ごし方、老いや病いと向き合って穏やかな寿命を迎えるには、などいのちを取り巻く問題についておしゃべりできればと考えています

蝉しぐれのよりあいの森に、ぜひお越しください

お待ちしています

日時:8月25日(日)13:00~16:00

場所:よりあいの森カフェ

参加費:1,500円(お茶とお菓子付)当日精算

申し込み方法:宅老所よりあいへ、電話またはFAXで、参加者名、人数をお知らせください

宅老所よりあい TEL 092-761-4260   FAX092-761-7441  担当 田中

あしたのカフェ

昨日8月15日の西日本新聞に、よりあいの森の取組が紹介されました。

カフェや「絹の会」「スチュワートさんとパンづくり」など、生き生きとした様子が伝わってきました。おかげで昨日、今日と電話の問い合わせが続いています。

何と言ってもコンサートに参加したいという声に喜んでいます。でも、とても苦戦しています。昨今の厳しい経済状況を反映しているのでしょうか、今までのようにすぐチケットが売れるという状況ではないのです。ぜひぜひお知り合いの方を誘って下さい。会場いっぱいにして谷川さん達を迎えたいものです。みなさんお力を貸して下さい。本当に困っています。

さて、明日のカフェですが、新しい『かき氷機』が届きましたーーーよ!

今日、早速試してみました。音も普通で(前のが「ガァーガガガガァー」とすべての視線を集めるほどあまりにビッグ過ぎました)、ふわふわ感も満足。手作り蜜づくりにも精が出ました。

桃、ブドウ、いちご、林檎。またまたタダで頂いた貴重な果物で作った蜜ですよぉ~~~

楽しみにおいで下さい。

ランチは、桜エビのかき揚げ丼とキーマカレー、ズッキーニのガーリック炒め、薬膳スープ付きです。豪華ですね。

まだまだ続く夏の暑さに負けないように、栄養をつけに来て下さい。熟女メンバーとさわやかコーヒーマスターでお待ちしております。          カフェママ さゆりでした

(よりあいの森の人気猫、ちゃちゃとべべは暑さから退散し、陽の高いうちはどこかに隠れています。おかげで、トカゲ・セミの解体事件は治まっています。)

 

親子パン教室

8月7日「よりあいの森カフェ」で親子パン教室を開催しました。

パン作りの先生はスチュアートさん。デンマークで児童ソーシャルワーカーとして活動されていたそうです。そして、助手のよしみさん(奥さん)。よしみさんはスペインでシルバーアクセサリーのお仕事をされていたそうです。

スチュアート先生は英語でお話され、よしみさんが通訳します。
先生が材料を手に取り「これはセサミ」と英語で教えても、「ごまー!」と大きな声で答える子供たち。英語なんてそっちのけで先生の手元に夢中。
どんなパンができるのか初めての体験にワクワクソワソワです。
パン教室
子供たちは思い思いの形のパンを作り、いろんな具材をトッピング。くわがたパンにうさぎパン、キティちゃんパンにぎょうざパンなどなど。ママさんたちも子供たちと一緒に夢中です。

そして、いよいよトースターで焼いていきます。子供たちはトースターのまわりでワクワクしながら見守ります。まるで「よりあいの森の7人の小人」みたいです。

ひびきちゃん

さあ、出来上がったら、みんなでいただきま~す!!あっという間にペロリと食べてしまいました~!とても楽しく美味しいひとときでした。

スチュアート先生の目的はもう一つ。英語に慣れ親しんでもらうこと。パン作りをしながら自然に英会話を聞くことで覚えてもらえたらと思っているそうです。