30日土曜日は「カフェバザール」です!

おしらせです。

明日、11月30日の土曜日、「よりあいの森」で
「第4回 よりあいの森カフェバザール」を開催いたします。

雑貨、陶器、洋服、小物などのバザー品をたくさんご用意いたしました。
掘り出し物があちこちにかくれておりますので、
掘って掘って掘りまくってくださいね。

なお、今回の目玉は「絹の会」が良質の着物生地をリメイクして作った洋服
安い上におしゃれです。
数に限りがありますので、欲しい方はお早めに!

続いて、お楽しみの「食べ物の部」。

カフェのランチメニューは、キーマカレー煮込みハンバーグの2種類をご用意。
すでに仕込みが始まっております。
すごいおいしそうです。

屋外ブースも、おでんやきそば芋煮汁ぜんざいホットクなどなど、
あったかメニューがたくさん!

激うま!でおなじみのスイーツ関連も、ケーキあり、クッキーあり、焼き菓子ありと、
大充実でみなさまをお迎えしたいと思います。

バザールは、11時から15時半まで。
寒い一日になりそうなので、みなさん暖かくしてお越しください。

あ、もう準備に行かなきゃ!
では、これにて!

寄付をいただきました!

募金による寄付が「よりあいの森」に届けられました。
simo01
北九州市の小倉でグループホームに勤務されている山下さんが、
あちこちに募金を呼びかけて集めてくださったものです。
ありがとうございます。

simo02
さっそく開封してみましょう。

simo04
みなさんの善意がいっぱい詰まっております。
山下さんは三ヶ月あまりでこれだけの募金を集めてくださいました。
お金の塔が次々にできていきます。

simo03
うわー、総額3万7千135円もありました!

募金を呼びかけてくださった山下さん、
そして募金をしてくださったみなさん、
本当にありがとうございました。

このお金は、特養の建設資金として大切に使わせていただきます!

おる。

inada09
森では、さざんかが咲いておる。

inada11
デイジーも咲いておる。

inada10
しかし桜の木は、葉を散らしておる。

inada12
ミカンがなっておる。

inada13
しかし渋柿は、枝から落ちて腐っておる。

inada04
第3よりあい職員の稲田くんが、土を掘っておる。

inada01
階段を作っておる。

inada05
細いパイプが埋まっておる。

inada02
嫌な予感はするのだが、それでも掘っておる。

稲田くん、細いパイプ、折る。
あたり一面、水びたしになっておる。
大パニックになっておる。
……という話を聞いておる。

翌日。
inada14
階段ができておる。

inada15
実に立派でおる。

ひょっとこ、森に現る

111603
森には「ばんぺいゆ」の木があります。
たくさんの実をつけますが、誰も食べません。

本日のカフェ。陽気にも恵まれて、お客さんの入りもまあまあのようです。
ランチメニューは、トマトを巻いた豚のカツレツと、お母さんのカレー。
111601

屋外のテーブルでは、接客係のチャチャがお客さんにおねだりをしています。
こら!
111602

さて、本日はミニコンサートが行われています。
「ふわり」の演奏をバックに、まずはフラダンスのお披露目です。
111605

しかーし、第3よりあいの主・フミエさんは、なんだか「おむずかり」のご様子。
「私をどうするつもりですか!」
111604

プログラムはそんなフミエさんの怒りをよそに、着々と進んでいきます。
111607

「椰子の実」「川の流れのように」などなど。ウクレレと三線の音が心地いいです。
111611

にもかかわらず、フミエさんはもう聴いちゃいません。
「どうしてこんな目にあわされるんですか!」
111606

かわいいお嬢さんたちのフラダンス。ひときわ大きな拍手がわきます。
111608

フミエさん、おまんじゅう食べてます。
「ああ……おいしい……」
少しご機嫌がなおったようです。
111609

おや? どこからともなく「お囃子」の音がしてきましたよ。
あ、「ひょっとこ」が出てきた!
111612

あ、いっぱい出てきた!
111613

森を練り歩くひょっとこ
111614

ぴーひゃらぴっぴ、ぴーひゃらら。
111615

フミエさんに「ひょっとこ」が近づいてきました。
111616

「むあー!」
111617

フミエさん、大喜び!
ひょっとこ、最強!
111618

曲は「炭坑節」へと続きます。
月がぁー出た出た、月がぁー出た、あ、よいよい。
111621

三池炭鉱に月がぁー出たー。
111619

フミエさん、「ひょっとこと握手してます。
この笑顔! もう完全に「ひょっとこ」に夢中です。
111620

恥ずかしがり屋の猫・ベベも、お囃子に誘われて今日はなんだか楽しそうでした。
111610

あー、おもしろかった。
ひょっとこ、最高!

初めてのチョコレートケーキ

第3よりあいで職員の吉満さんが何やら作ってます。
yoshimitsu1
「小麦粉を使わないチョコレートケーキです。私もケーキ作りに挑戦です!」

生地に使う材料は、卵白・卵黄・砂糖・チョコレートのみ。
ソースにはチョコレートと生クリームを使います。

「世話人の中西さん直伝のレシピです。めちゃくちゃおいしいんですよ」
中西さんのレシピでは洋酒も入るのですが、
買い忘れたので今回は入れません。

yoshimitsu2
混ぜ合わせた生地を型に流し込み、オーブンに入れます。

yoshimitsu3
生地が焼ける間に、ソース作りの準備。
生クリームを火にかけ、沸騰しない程度に温めます。
甘いにおいがキッチンに充満します。

yoshimitsu4
101歳のフミエさんもその甘いにおいにうっとり。

yoshimitsu5
猫のチャチャもやってきました。

yoshimitsu6
温めた生クリームと、湯煎しておいたチョコレートを混ぜ合わせます。
あ、オーブンが焼き時間終了の音を立てました。

yoshimitsu7
「ちょっと焦げちゃったけど、ま、いいか!」

yoshimitsu9
ソースを流し込むための溝をスプーンで掘ります。
吉満さん、容赦なくまっぷたつに溝を掘ってますが大丈夫ですか?
「大丈夫なはず!」

yoshimitsu8
とろーりとしたソースを流し込み、

yoshimitsu10
へらで形を整えます。
「うーん、なんか中西さんのとは違う気がするけど、ま、いっか!」

あら熱をとって冷ましたらできあがりですが、
今日は夕飯の時間が近いので、試食は明日のお楽しみです。

yoshimitsu13

ほんでもって、翌日。

あら? 吉満さん、なんかいい感じじゃないですか!
「でしょー! 私の思ったとおりです!」
yoshimitsu11

立派なチョコレートケーキができあがってました。
あ、これめちゃくちゃうまい!
濃厚だけど、しつこくない!

yoshimitsu12
「わーい。わーい。もっともっと食べてください!」

吉満さんのチョコレートケーキがカフェで食べられる日が来るのも、
そう遠くないようです。

明日、土曜日はそういうわけでカフェの日です。
オープンは11時半。午後4時までやってます。
寒くなってきましたが、ゆっくりしにきてくださいね!

11月9日・カフェ通信

森はどんより曇り空。なんだか冬の気配も漂い始めた9日の土曜日。
1109cafe
本日のカフェは、稲田君をはじめとする「よりあい」職員が厨房とホールの担当です。
ちなみに稲田君が担当する日は、必ず閑古鳥が鳴くと言われていますが、
やっぱり今日もお客さんが少ないようです(笑)。
もう稲田君、パーフェクトですね。

さて、今日のランチメニューはこの2品。
1109roll
とろとろ具合がたまらない、抜群の出来のロールキャベツ。ばかうまです。

1109cyrry
そして、ママ下村渾身のキーマカレー。いや、これレストランの味ですよ!
今日のカフェは「大当たり」の日ですね。

でもそんな日に限って、ひま! ひまひまひまひま!
残念ナリ無念ナリ。

というわけで、第2週の土曜日はサックスコンサートの日。
演奏はジャズミュージシャンの田中洋勲さんです。
1109sax

美空ひばりの「りんご追分」、「命短し恋せよ乙女」、「あこがれのハワイ航路」などなど、
昭和を彩る名曲の数々が、サックスアレンジで演奏されます。
森に響き渡るサックスの音色。あー、なんだかすごい贅沢です。

1109cats
庭の接客担当・チャチャとベベも今日は本当にひまそうでした。
きみたち。悪いけど今日のごほうびはナシだよ。

「よかよかコンサート」レポート

11月3日、南市民センター大ホールで
「よかよかコンサート」と題された催しが盛大に行われました。

この催しは「こばと保育園」「かしはらホーム」そして「第2宅老所よりあい」
の3つの施設が合同で行う初めてのコンサートです。
保育の分野、障がい者の分野、老人介護の分野。
分野は違えども、まだ支援が受けられない時代から、
さまざまな取り組みをしてきた3施設です。

janbe
オープニングは「ジャンベ」の演奏。
ルーさんとララさんを中心に
こばと保育園、作業所の有志たちがセネガルの民族楽器「ジャンベ」を叩きます。
(お二人は、かしはらホームとこばと保育園に太鼓を教えに来てくれてるそうです)

kobato
続いては「こばと保育園」の園児と父兄による歌。
元気がいいです! 3曲熱唱です!

tsugarupng
ここで舞台が暗転。虎高さんによる津軽三味線の演奏です。
虎高さんは大衆演劇の座長を若くして務められていましたが、
東日本大震災で衣装や舞台道具をすべて失い、
今、大変な思いをされているのだそうです。
その虎高さんの三味線をバックに、ついに「第2よりあい」のステージが始まります。

hanagasa
まずはお年寄りと職員、地元有志による花笠音頭!
職員・峰さんの踊りがキレッキレです。

yoriai-uta
そして全員による「東京ラプソディ」「あこがれのハワイ航路」の合唱。
この2曲は「第2よりあい」でよく歌われているなじみの深い流行歌です。

地域で活動するバンドの演奏、スライドによる3施設の歩みをはさんで、
「かしはらホーム」の仲間たちがステージに登場します。

hikari7
「朗読と歌でつづる10年」と題されたショーの始まりです。

hikari2png
いやあ、もう圧倒的なプログラムでした!
うまいとか下手とか、もうそういう次元に彼らはいません。

hikari4png
「歌う」ということに対する純度の高さ。

hikari3
「楽しい」ということを、堂々と見せることであふれ出てくるパワー。

hikari5
それはいつしか観客席にも伝わり、会場がどんどん盛り上がっていきました。

finale
オールキャストによるフィナーレ。

あー、すっごいおもしろかった!
特に作業所のみなさんのステージ、ほんとにすばらしかったです!