カギ

1日の始まり、よりあいの森では鍵を開け放ちます。

正面玄関の鍵、お年寄り一人一人が暮らしている部屋の鍵。デッキへ繋がる広間の鍵。開放感満載です。

たまにはふら~っと散歩に行きたい。外の空気を吸って気分転換したい。季節を感じたい。花が見たい。コンビニ行きたい。自宅はどっちだったかな?と散策したい。

なぜよりあいの森にいるの?帰りたい。早く帰ってやりたいことがある。

そんな当たり前でささやかな気持ちに添えるように鍵を開けます。

ただ、開け放しているがゆえに、時々?度々?扉のわずかな隙間を潜り抜けて猫のチャチャが紛れ込みます。

時には「ちょっとそこまで~。」と職員の目をかいくぐり散歩に出かけるお年寄りもいます。そして、そのお年寄りの少し後を職員が慌てて追いかけます。一緒に歩いた職員も外の空気を吸えるので嬉しかったり、気分転換になったりもします(^-^)

また、本気で職員の目をかいくぐられた時のために地域の方々にも事前に協力を仰ぐこともあります。

社会的によりあいの森のような施設が鍵を開けておくことでのリスクは本当にとてもとても大きな物だと思います。それなりの覚悟を決める必要があります。見失い、何か事故でもあった時は、施設や家族の責任ですよ!と問われてしまう可能性は大きいからです。

事故や転倒、行方不明等々、リスクを考えればきりがありません。

それよりもお年寄りが自由に出入りできる場所でありたいと思います。そして、何かあった時に責任の所在を、日々精一杯の介護をしている家族や施設に求める社会であってもらいたくないと強く願っています。

「鍵を開ける」

よりあいの森が大切にしていることの一つです。

これからも開放的にしているがゆえに起こるドタバタ劇を乗り越えながら、楽しもうと思います(^-^)

IMG_6682

夜勤中の嬉しい話

夜勤中の午前4時頃。「お願いします。」とお部屋から声が聞こえた。いつもお手洗いのために職員を呼ばれるお祖母ちゃんからの声だった。

「よっこらしょっ」と徹夜業務で疲れている重い腰をあげ、そのお祖母ちゃんの所へ行っている。いつもだと「お手洗いへ…。」と言われるのだが、なんだか様子が違う。

「ちょっと、ちょっと、もうちょっとこっちへおいで。」と手をこまねいている。「どうしました??」と聞くと「何かお話をして?なんでもいいの。」とにっこり。このお祖母ちゃんとの関わりの中では、こんな展開は初めてだった。

このお祖母ちゃんは脳梗塞で入院後、本人が望まぬ胃婁を造られ、よりあいの森へ来られた。入院中の約半年間、胃婁からの栄養で過ごしていたため、食事を飲み込む力がずいぶんと落ちていた。

よりあいの森へ来て7カ月ほど…時折咽込むことはあるが、今では3食しっかり召し上がっている。

「もうじき、梅の花が咲く時期ですね。そして、その後は桜が咲きますね。」

「そうね。でも仕事ばかりしてたから、花見なんて行ったことなかったよ。」

「そうなのですね。今年はぜひ一緒に行きましょうよ!お団子持って!」

「行きたい!!お団子も食べたい!!」

「よっしゃ!!ぜひ!行きましょう!!」

朝の4時の出来事。たわいない会話。だけど、なんだか嬉しくなった。

このお祖母ちゃんは、つい何か月前までは外に出ることを頑なに嫌がっていた。こんな姿を周りの人に見られたくないと…。入院中に自信を失い、自分自身の存在に後ろめたさも感じていたのかもしれない。そして、食べることにも不安が一杯だった。

そのお祖母ちゃんからの「行きたい!!」と「食べたい!!」の力強い言葉。こんな言葉をひっそりと…期待して待っていた自分にも気づいた。

「ここのご飯はいっつも美味しいもん!元気が出るし、食べれるようになるよ~(^-^)」

美味しい物を美味しいと思って食べれること。みんなで食事を楽しめる場所があること。それは、ごくごく普通と思われる暮らしの積み重ねかもしれない。ただ、そんな当たり前の暮らしこそが一番大事なのかも…。

社会的には4Kなんて言われている介護職。確かに…楽な仕事ではありませんが(汗)その中でもキラリと光る嬉しさや楽しさ、驚きを見つけることで踏ん張ることができますね(^O^)/

これからも美味しい物をた~くさん食べましょうね!!無理せずに(^-^)

IMG_8678

初詣

 2018年1月2日、よりあいの森のすぐ近くにある田島神社まで初詣へ出かけました。

久しぶりの外出を半ば強引??に誘われて何となく一緒についてきたお年寄りも外の空気を吸うと自然と笑顔がこぼれます(^-^)

参拝客の方々とも新年のご挨拶を交わして、お参りを済ませた後、みんなでおみくじを引きました。

IMG_8573IMG_8576

いよ!!大吉!!幸先良いですね(^O^)/今年も盛り上げ隊長よろしくお願いしますね!!

IMG_8570

IMG_8571

そしてこちらは吉!!恋愛❤金運上昇傾向だとのことですよ。

あやかりたいですね(^-^)

他の皆さんも今年の運勢は上々のようでした。

体調に気をつけて、今年ものんびり楽しく過ごしましょうね<(_ _)>

 

 

 

紅葉狩り

IMG_7972IMG_7978IMG_7998 ある日の午前中に「そろそろ紅葉狩りの季節ね~、見に行きたいね~。」との雑談から、急遽、午後から近くの油山へ紅葉狩りへレッツゴー!!

帰りにカフェでお茶して帰ってきました!(^^)!

一緒に出掛けた職員は棚から牡丹餅。「だって、みんなが食べたいって言うたんやもん~。」と美味しいケーキにありつけます(^-^)

IMG_7983花より団子ですね(^O^)/

暮らしが特養や施設になると季節を感じること、自由に外出すること…さえも保障されないことがままありますが…。

その日の気分で、行きたい場所に自由気ままに出かけたい。そんな当たり前でささやかな願いを一緒に楽しみたいですよね!!

道子先生

先日、道子先生が天寿を全うされました。

道子先生とは地行よりあいからのお付き合いでしたので、かれこれ5年位になります。小学校の先生をされてあったこともあり、厳しく、優しく、時にはご指導してくれる方で、とても暖かく包容力のある方でした。

5年ほど前に入院されていた道子先生。「口から食べることは自殺行為ですよ。」とお医者さんから胃婁を進められました。しかし、入院中の「メロンを食べたい。」「熱いお茶が飲みたい。」との道子先生の願いを叶えたい一心で、家族、職員の合意の元、看取りを覚悟で退院してきました。

退院後、ほんの何口かのお茶を飲み、大好きなメロンを食べられました。あの時の何とも言えない幸せそうな表情が今でも瞼の裏に張り付いています。

その後1日1日、タイミングを見ては大好きなメロンを口に運び、お茶を飲みました。時には常連であった「たつき」にて出前の寿司を頼んで食べました。職員もここぞとばかりに便乗して美味しく頂くことができました。そんな日々を繰り返しながら、少しずつ少しずつ元気を取り戻していきました。

あれから5年ほどの月日が流れました。その期間、時折体調を崩され、食べることができない日もありました。食通な方でしたので、職員は手を変え品を変え食べてもらえそうなおかず、果物、ゼリー等を用意しました。

そんな道子先生も先月より、1日1食、2日で1食、食べ飲みできることがやっととなりました。24時間、どのタイミングでも食べ飲みできることができるように関わり、この1カ月を乗り切りました。

しかし、お別れはやってきました。

甥子さん夫婦に見守られ、関わり深かった職員全員を呼び寄せ、最後の一呼吸を終えました。本当に大往生でした。大好きなメロンもこの5年間でたくさん食べることができました。

道子先生からは、口から食べることの喜びやこだわりをしっかりと教わりました。その教訓が、今、現場で活きているような気がします。

これからもよりあいの森で過ごされる方達が、穏やかな寿命を迎えられる場所として、日々の暮らしを共にしていきたいと思います。

道子先生、たくさんの思い出をありがとうございました。

ニッコリ笑ったあの笑顔がみんな本当に大好きでした(^-^)

IMG_5422