納涼祭へ向けて その3

真剣な表情で職員が書いた「ひじきや」という文字を眺めるお年寄り。

RIMG0518

いったい何をやっているのかと申しますと、納涼祭で出店するお店の看板を選定されているところでした。

RIMG0513

実はこの「ひじきや」というのは、以前にお年寄りが実際にお店の名前として使されていたものなんです。それならば…と、その看板を再現してみようとしているところです。

このお店の看板を背負い、いったいどんな商品で勝負するのか、と申し上げますと。。。。

「手作りアイスクリーム」!(^^)!

RIMG0588

職員はつい先日までこのようのに考えておりました。

「今年の夏もうだるような暑さ、納涼祭当日もきっと暑いはず!これはたくさん売れるぞ~!!」

しかし、考えが甘かった~!!連日の秋雨前線の影響か、みるみる気温は下がり、肌寒く感じる日まで…。

けれども、お年寄りからは「目標は売り上げは1万円よ~」と明言までされております。

「よし、これはもうやるしかない!!」と、引くに引けない職員は気合を入れ直します。

そんなことなんで、みなさんも納涼祭に足をお運びの際は、ぜひ「ひじきや」までお越しくださいませ~!(^^)!

今現在の天気予報では雨の予報となっておりますが…きっと!!晴れますよね(^_-)-☆

IMG_5765 (2)

 

納涼祭へ向けて その2

いよいよ今週末に迫った納涼祭ですが、着々と準備を進めております。

今回もその様子を少しだけお届けします!(^^)!

さてさて、お年寄りと一緒に職員がなにかを作っています。

IMG_5982

なにを作っているのかと申しますと…。

IMG_5989

納涼祭で出品する予定の手作り「キーマカレー」につける「ナン」の試作を作っているのでした。

IMG_5992

「ナン」がこんなに簡単にホットプレートで出来るなんて、みなさんご存知でしたか?

IMG_5994

と、いうわけでかんせーい(^^♪

お昼ご飯にみなで試食会をしました(^_^)もちろん!美味しかったです!!

当日もお楽しみに!!

さらにさらにこちらは、会場を彩る提灯の作成に精を出しております。

IMG_6066
IMG_6115
IMG_6114
IMG_6120

ぜひとも当日は会場でお年寄りと作った提灯にも注目してみてください!!

IMG_6077

IMG_6100

お待ちしておりまーす!!

IMG_5771

納涼祭へ向けて その1

8月31日によりあいの森で行われる「納涼祭」に向けて着々と準備が進んでますよ~(‘◇’)ゞ

こちらは台湾出身の葛さん率いる台湾夜市で、出品する料理を試作しております。

IMG_5897

お年寄りの力も借りながら・・・・

IMG_5906

さて、なにを作っているのでしょう??

IMG_5921

もう分かりましたかね?

IMG_5922

IMG_5918

はい、正解は「タピオカミルクティー」でした!!

今、巷では行列ができるほど人気ですよね!(^^)!

その他にも台湾で定番のメニューもいくつかご用意しております。

IMG_6050

IMG_5929

皆様、ぜひお楽しみに~(^^♪

IMG_5765 (2)

美代さんと山笠

今年も美代さんと飾り山(山笠において奉納するために飾られる山笠)を見に行くことが出来ました。

※ちなみに山笠とは、博多祇園山笠と言って博多を代表する770余年の伝統を誇るお祭りのことです(^O^)/

美代さんを知る人からすれば、美代さんといえば山笠!山笠と言えば美代さん!!

というくらい、美代さんには山笠のイメージが強くあります。

御年98歳の美代さん、助手席に乗り込み出発です!!

おいさ!おいさ!おいさ!おいさ!(山笠を担いで走る時に掛けられる掛け声

 IMG_5736

道中、職員がふとした疑問をつぶやきました。

「ところで美代さんと幸男さん(今は亡くなった美代さんのご主人)どっちが山笠好きだったの?」

 ...?

そういえば……どうなんでしょう?

幸男さんがご健在の時は、よくおふたりで見に行っていたということしか知りません。 

後日、よりあいの森で美代さんと一緒にご飯を食べていた娘さんにお尋ねすると、「美代さんの方が好きだったのよ。博多の商人の家だったから、美代さんのおじいちゃんとかお父さんも山笠を担いでいたのよ。」と教えてくださいました。

そうだったんですね!美代さんにとっての山笠は、子どもの頃から身近にある慣れ親しんだお祭りだったのですね(^O^)

それならば、この山笠の時期はきっとわくわくしますよね!

今年も山笠の雰囲気を楽しめたでしょうか?

毎年恒例の飾り山見学へお出掛けができてよかったです(^O^)

 IMG_5738

私たちは、出会ったお年寄り達が生きてきた長い人生のほんの一部分しか知りません。

ご本人と一緒に生活し、家族からお話を聞くことで、その生い立ちを垣間見ることができます。

些細なことかもしれませんが、今回のように、新たな一面を知ることができると嬉しいものです(^O^)

これからもお年寄りとたくさんのことを楽しみたいと思ったお出掛けとなりました。

ゆび

むむ!!お年寄りの指先になにやら・・・・?

IMG_5734

「なんだこれは????」と思い、その場にいた職員に、この指先にあるお年寄りの顔がなんなのかを聞いてみると。

「指先がいつも腕にあたって赤くなっていたので、保護するために三原さん(職員)が作ったみたいですよー」とのこと。

「なるほど、なるほど!!」

これはいいアイディア♪♪

IMG_5735

しかも、お年寄りの顔まで細かくあしらってあるではないですか!!

単に無機質な指を保護するものを作るのではなく、この細かい仕事とアイディアに「あっぱれ」です!(^^)!

になみにこのお年寄りが暮らしているユニットの名前も「あっぱれ」です(‘ω’)ノ

内輪ネタで申し訳ありませんが…これを作っている最中、その職員(三原)がニヤニヤ、ウキウキした表情で、心の中でもニヤニヤ、ウキウキしながら作っている姿が目に浮かびます。

お年寄りのことを思って手間暇かけて作ってきたその温かい気持ちに、こちらまでほっこりとしたある日のことでした(^^♪

IMG_5656