ふんじゃえ!

第二よりあいのお年よりたちは、待っている。

いつも何かをお待ちです。

それは、、、ペットボトルのはず!!

お年よりのアツい要望に応えたい一心で、潰さなければいけないペットボトルをテーブルの上に広げてみました。

1

どうです、この獲物を狙う表情。大正末期から昭和初期にかけて生まれたとは思えない、瞳の輝き・・。

クニ子さん「あんた・・ふふふ・・つぶしよったら手の痛うなったとやろ?」

容子さん「うん、ハンドクリームば探しよる」2

クニ子「どれ、ちょっとこっちにかしてんさい!」3

「こぎゃんして

4

ふんだくっぎよかとさい!!(踏みつけたらよい感じで潰れる、の佐賀弁)」

チエ子さん「でもそれ、足が痛くなるよ」

5

クニ子「だーいじょうぶ!そがんこたぁなか!!えい!えい!」6

「えいえいえいえいえいえいえいえい!」

クニ子さんのペットボトル踏みには、

なにか近寄りがたい気迫と愛らしい仕草が同居しています。

みんな笑うしかないです。

 

その光景を見ていたらなぜか、

通勤途中で食べようと思っていたマカロンがカバンの中で粉々になっていた

今朝のガッカリ感がありありとよみがえってきました。

7

おわり。

筆舌に土筆がたい

第2よりあいには、お年寄りが集う広間の窓から見える広い専用駐車場があります。

今朝、その駐車場と隣家の境目にあやしげにうごめく巨大な動物を発見!

神社の狸かなぁとわくわくしながらしばらく見ていると、灰色の背中の向こうからにょきっと頭が・・
あい
獣ではなく人でした。女性です。みょ、妙齢の職員、アンリさんです。

 

まさかの…(‘Д’)

 

アンリさんのそばまで近づいてみると、一心不乱に何かを摘みとっておられました。
う
え
お
土筆です、つくしんぼです!!

そこらじゅうに顔を出しています。

ちなみに「土」に「筆」と書いて「つくし」と読むのですね。

パソコンの変換機能のおかげで今知りました!

隣家との境は斜面になっているから落ちないように必死というわりには、ただで手に入る春のめぐみの食材に、料理が大好きなアンリさんは始終にやけています。

どんなふうに調理をしたらお年寄りに喜んでもらえるのか・・そんなことを考えてニヤニヤしている顔です。
か
「ありゃ?土筆やんねこりゃぁ」
き
広間のテーブルの上に土筆を広げると、

何も言わずすぐに「はかま」をむしり取り始めるおとしよりたち。

まるで全自動はかま取り機です。

「ああぁ♡もう春ねえ、ウフフ」とか「まぁ、もう土筆が出てるのね!カワイィー」とか、ないのでしょうか・・

なんか沈黙が気まずくなってきたので、淡々とはかま取りをして下さっているフサエさん(鹿児島出身)に聞いてみました。

「いまごろ、フサエさんのふるさとでもつくしがたくさん顔を出しているでしょうねえ・・南の方だからもう摘まれたあとですかねぇ?ははは・・」
け
「アタシは、」
こ
「つくしなんか!食べない!」

さ
ドドーン!!!

忘年会&クリスマス会

今年もやって参りました!第2よりあい忘年会!!
今年は12月25日という事もありクリスマス会も一緒にすることとなりました。
以前から「寿司ぐらい出しなさいよ」とお年寄りから言われ続けた職員達。

それならと「今日はお寿司です!」と食卓に出すと満面の笑み。
s_IMG_0366
お年寄りの乾杯の合図で忘年会の始まり始まり~!
s_IMG_0370

s_IMG_0373

s_IMG_0372
次々と無くなっていくお寿司、ビール。

笑い声はいつの間にか静かになり黙々と食事がすすみます。忘年会のはずがいつもと変わらない食事風景がそこにありました。

忘年会が終わると次はクリスマス会のケーキ作りが始まりました。職員のお子さんも手伝ってくれて女性陣を中心にケーキが作られていきます。
s_IMG_0415
「私に任せなさい!」とお年寄りも張り切ってくれ、職員がビックリするぐらいの手つきでケーキが作られていきます。
s_IMG_0410
皆でケーキ作りに集中している中・・・。

「じゃあ私は先に帰らせてもらいます」と玄関に向かわれるお年寄りが。
s_IMG_0414
忘年会だろうが、クリスマスだろうが、正月だろうが関係なくお年寄りは日常を過ごしているのだと感じる姿でした。
s_IMG_0455
忘年会&クリスマス会も無事に終わり最後はみんなで「えい、えい、おー!」の掛け声で一日が終わりました(^_^)v
特別な日を過ごしてもらいたいと思っていた職員でしたが、お年寄りにとっては毎日の中の一日。ゆっくりのんびり過ごす忘年会&クリスマス会でした!(^^)!

第2よりあいバザーを開催しました!

ご報告が大変遅くなりました。申し訳ございません。

10月29日、第2宅老所よりあいでバザーを行いました。

天気予報では奇跡的とも言える2週連続台風!そして台風は反れても大雨の予報!!

「果たして開催できるのだろうか…?」バザー隊長は「俺のせいだ…俺が雨男だから…」と泣き笑いの表情。職員も不安いっぱいの中携帯サイトの天気予報を1時間ごとに確認し翌日の晴れを念じながら出来る事を精一杯準備しました。

迎えた当日。

準備段階では小雨!初めての室内でのバザー決行!!

オープン前の第2よりあいにはお客さんの列が!!

「今年はあいにくの天気だけど出来て良かったね」

「今年も楽しみにしていました、品物はたくさんありますか?」

オープンと同時に一斉にバザー会場へお客さんが急ぎます。

飲食のブースには、カレーライス、おでん、焼きそば、ぜんざい、手作りケーキ、お昼すぎにはすべて完売し大盛況でした。

DSCN0288

 

 

 

 

 

手作りスイーツ、マルシェ、絹の会、バザー品コーナーも、沢山の方々が楽しんできてくださり、大賑わいでした。

DSCN0284

 

 

 

 

 

DSCN0287

 

 

 

 

DSCN0291

 

 

DSCN0289

 

 

 

 

DSCN0295

 

 

 

 

 

 

 

終わりごろにはすっかり雨も上がって雲の切れ間から日も差し込んできていました。

目標金額50万円達成!!

天気さえ良ければもっと!?

雨にも負けず職員のモチベーションは上がりまくりです。

職員が感動したエピソードを少し。

第2よりあいを利用されているお年寄りが奥さんと遊びに来てくれました。

以前この地域の自治会長をされていた為、「わぁ!会長!お久しぶりです!!」「お元気でしたか!?」「お世話になってます!久しぶりに会えて嬉しいです!!」とたくさん声をかけられていました。ご本人も、「いやいや、こちらこそお世話になってばかりで」「どちらさんでしたっけ?」と嬉しそうにされていました。

また、後日談にて家族ボランティアさんの中に「地域の繋がりで長住であった第1回のバザーを手伝った事があるんですけど、その時のボランティアさんが今もいらっしゃって、とっても嬉しかったんですよ。あらー!?お久しぶりですー!!って、是非またやりたいですね!」

よりあいが大事にしている事のひとつに「お年寄りを中心に人がつながること」があります。

今回のバザーを通して人のつながりや歴史、みなさんがこれまで積み上げて来られたこと、第2よりあいがみなさんとのつながりを持てる場所であれたこと、その中での学びが多いことを実感しました。

バザーの準備から開催にあたり、ボランティアの方、家族の方々、バザー品を提供してくださったみなさま、地域のみなさんのおかげで無事に大成功で終えることができました。本当にありがとうございました!職員一同、感謝でいっぱいです。

来年も開催できるように頑張ります。

いよいよ明日(29日)となりました‼

第2宅老所よりあいバザー、いよいよ明日(29日)となりました。

準備を始めて2カ月あまり、本当にあっという間でした。チラシ配りに始まり会場のレイアウトを考えながら必要な備品を揃えたり、時には皆さんから頂いたバザー品に埋もれそうになったりしながらみんなで力を合わせて準備を進めてきました。

その集大成が明日のバザーです‼

 

バザー隊長が雨男のため台風の心配もしていましたが、なんとかそれてくれそうです。(でも雨は降るみたいです・・・)

 

カレーや焼きそば等の食事、手作りスイーツも準備出来ました。

たくさんのバザー品も集まりました。

 

美味しい食事を食べながら掘り出し物を探しに来ませんか?お待ちしていますっ!!!

第2バザー