命拾い

油山の尾根から灰色の雲が近づいてきて、涼しい風が桧原のまちに夕立を運んできました。

「これで涼しゅうなる!」といって、窓際のソファで雨に濡れはじめた隣家の瓦屋根を眺めていたクニ子さんは、おもむろに腰を上げて外のデッキへつながる出口のほうへ歩んでいこうとされます。

少し不自由な右足を引き摺りながら、ピアノのふたや長椅子の背もたれをつたって、ようやくたどりついたガラス戸を開けると、側に置いてある工具やら庭弄りの道具がごちゃごちゃ入っている白い発泡スチロールの箱の中から、迷うことなく花切ばさみを取り出し、そのままデッキの向こう側のゴーヤのグリーンカーテンのほうへ向かわれました。

一歩ごとに右側にかくん、かくん、と傾きながら、地面まで40センチほどの高さのあるデッキの端に向かう後姿を見ていたら、そのままグリーンカーテンに突っ込んで地面に落ち、視界から消えるクニ子さんの姿が脳裏をよぎって、すこし冷や汗が出てきます。

「用心してね」と声をかけたいのをぐっとこらえて、いつ転んでも咄嗟に掴んで支えられる距離を保ちながら、気付かれないようにそっと後ろをついていきました。

 

「ついてこんで、よかとよ。」

「いや・・私も夕立に用があるので。」

 

後をつけていたことがばれていたことにうろたえ、わけのわからない返答をしていると

「このみたんなかとば、すっぴゃー押し切ってしまおう」

(このみっともないものをすべて切ってしまおう)

と枯れたゴーヤのツルをハサミで指して、にっこり微笑みかけてくださいました。

 

枯れていく葉を眺めるのも一興ですが、クニ子さんはとてもきれい好きです。

8月の終わりごろから、日が暮れるとはさみをもって、茶色くなり始めた葉っぱを片っぱしからむしり取っていくのが日課のようになっておられるのでした。

g1

通り雨のおかげで、デッキには心地よい初秋の空気が満ちていたので、今日はゆっくり作業してもらおうと椅子を用意しました。

「椅子なんかいらんよぅ、よかとけー」

と言いながらゆったりと腰を下ろして、網に絡みついて取りづらいゴーヤのつるを、しわしわの手でひとつひとつ丁寧にほどき、網まで切ってしまわないように一心に目を凝らしながら、

ぱちん・・ぱちんと・・

g2

 

・・おもいっきり網もろとも切っておられます・・

 

g3

「クニ子さん、それあみやん!」

「はぁあん!!?怒」

「いえ・・何でもないです。ところでそこの実、なんかもう上のほうが黄色くなっているし、切ってもいいんじゃないですかね?」

と聞いたところ、

「いんにゃ、これはまだ生きとるよぅ・・。」

と言って、こんどはゴーヤに微笑みかけ、つかんだ手をそっと元に戻されました。

あすの朝は、スッキリとよみがえった緑のカーテンの真ん中で命拾いしたゴーヤが、静かに顔を出していることでしょう。

g4

 

何の木?

広間の円窓のすぐそばに生えている梅の木。今年は暖冬のためか蕾が膨らむのも早く、お正月過ぎにはちらほら咲き始めていました。

「鳥が、来んね…」というお年寄りのつぶやきを聞いたような気がした次の日、よりあいに来ると梅の木がこうなっていました。

1
さじ加減、という言葉が思い浮かびました・・・。

しかしそのおかげで、今となってはなんだかよくわからない木に次々に小鳥が押し寄せてくるようになりました。

「あぁ、あぁ来た来た!!コスズメがきているよぉ!」

メジロなのですが、ヨウ子さんの「コスズメ」という呼び名はひじょうにかわいいですね。

こう来て、

2

ふんばって、

3

見て、

4

吸います。

5

あまい果肉に届かない・・

6

そこで、ぶら下がって、

7

裏から吸うのです。

8

この一連の愛らしい動きを、円窓を通して広間の中から毎日眺めることが出来るのは、椅子に座っている時間が長いお年寄りにとって、無上の喜びとなっています。

「まだメジロが来ない!」と方子さんは新聞を読みはじめ

9

「ふとぉか鳥がきてね、メジロがあっちさい逃げたよ!ちょっとはがいか!」とクニ子さんが笑い、

10

「こんなにいい風景がありますか、きょうは良い日です」とヨウ子さんが箸をやすめ一息ついています。

11

円窓を作って頂いた建築家の方と、桧原の自然の賜物に感謝しています。

森のおでん会へ

先日、よりあいの森おでん会を開催しているとの事で、第2よりあいのお年寄りと遊びに行きました。

車の中で「おでんの具は何が好き?」「私は大根!」「私はこんにゃく!」と盛り上がる中、森に到着しました。

お年寄り5人と職員2人でもゆっくりできるソファー席にみんなで座り、そこでおでんを食べようと注文しにいきました。いろんなおでんが食べられるように、お腹のスタンバイも準備万端です。

ところが、注文へ行った職員は「みなさん、おでんは売り切れていました!代わりにぜんざいと焼き芋を頼んできました。」と言って戻ってきました

・・なんという事でしょう・・あれやこれやと美味しいおでんを食べる想像をみんなで目一杯膨らませていたのに・・。

でも、お年寄りは心が広いのかそもそも関心が薄かったのか「そうね、ま、いいけど…」みたいな感じでした。

私の方がテンションが高すぎたのでしょうか・・・おでんが売り切れだった事よりも、お年寄りの気持ちの切替えの速さに少しびっくりしてしまいました。IMG_4145

IMG_4148

届いたぜんざいとお芋を「おいしい。あったまるね~!!」と言って喜んで食べておられたのでおでんへの未練は薄れました。

それからコーヒーを飲んでミカンも食べて、お腹一杯になり満足していると、デッキの方で音楽が始まりました。

IMG_4150

第2の中でも特に音楽がお好きな方々だったので、こちらも満足して頂けたようでした。

その後、折角なので「バザー品なども見てみませんか」とお誘いしましたが、誰一人の賛同も得られず・・。

「あなたが行って楽しんでらっしゃい」と有難いやら悲しいやらの返答です。一人寂しく、バザー品を見ることになりました。

帰りの車の中でテイクアウトしたチマキがあることを伝えると、お腹一杯と言っていたお年寄りが「うわー、美味しかー!」とパクパクと食べられているのを見て、来て良かったな~と大満足だった、おでんを食べられなかった「おでん会」でした。

求人情報【よりあい・よりあいの森】

ご協力ありがとうございました。

タイトル

10月27日(日)、素晴らしい秋日和の中開催された今回の第2よりあいバザー。

近隣のリサイクルショップの閉店セールにも負けず、沢山の方にご来場いただきました。これはバザー史上初の総勢100名以上のボランティアの方々のご助力の賜物です。

4名

今回はこれまで以上に飲食物を充実させたことで、デッキでお茶を飲みながらゆっくりされている家族連れの姿が印象的でした。嬉しい光景です!

デッキと母子

また、支援していただいた方やお客様に、たくさんの「よかったよ!」のお言葉を頂き、今後につながっていく貴重なアドバイスも頂戴しました。

午前中屋内の賑わい看板とテント人第二食堂食堂あふれる

油山とテント

KOKEKE

職員にとっても自信と課題の両方を感じることができた、たいへん貴重な機会となりました。

売上金は、よりあいの運営資金として大切に使わせていただきます。

地域との繋がりをよりいっそう深め、そしてまだよりあいを知らない若い世代にもその輪を広げていきながら、今後もお年寄りの生活を支えることに邁進していきますので、皆さま、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

花待雨と子ども2

11月30日(土)によりあいの森で開催される恒例のおでん会にも、ぜひ足をお運びくださいね。

第2よりあいバザー その④ゲスト情報!!

今年の第2よりあいバザーではスペシャルゲストとして花待ち雨珈琲安川佳織さんをお迎えすることになりました!

写真 2019-09-12 11 25 00

安川さんは第2よりあいに通われている高尾さんのお孫さんであり、日本屈指のバリスタでもあります。

ご自身のお店の開店準備でお忙しい中、「祖母がお世話になっているため、珈琲で恩返しが少しでもできるように出店します!」と、急な相談にも関わらず快く引き受けて下さいました。

先日もおばあちゃんと一緒によりあいに遊びに来られ、私たちの知らない珈琲にまつわる面白いお話をたくさん聞かせていただきました。キリっと輝く眼差しが印象的な、とっても素敵な方です!

バザー会場では珈琲をゆっくりくつろいで愉しんでいただくための飲食スペースを設けています。おいしい手作りの料理やスイーツとともに、日頃味わえない特別な珈琲をこの機会にぜひご賞味ください。