よりあいつうしん

よりあいでは年に数回「よりあいつうしん」というものを発行しています。

主として、お年寄りとの関わりを通して、嬉しかったことや、悲しかったこと、悩んだことなどを伝えています。

また、それだけではなく、時には社会福祉の情勢や制度への疑問点にも触れていくことができればと思っております。

「よりあい」は福岡市にある小さな施設ですので、その日常もごくごく当たり前の中にあります。

ただ、「よりあいつうしん」を地域や支援者の方々に届けることで、少しでも自分達の取組や「老いとぼけの世界」を、身近なものとして感じることができたらと思っております。

ホームページ上のブログとは違い、発行するスピードは「かたつむり」のようにゆっくりと感じられるかもしれません。ただ、その記事は一人一人の職員が、考えて、書いて、訂正し、また考えて、また書いての繰り返しの中から生まれたものです。

本職は介護職なので、つたない文章も多々あるかとは思います。そこをなんとか…温かい目で拝読していただけると幸いです。

⇓ click してください(^O^)/

よりあいつうしん16号

よりあいつうしん17号

よりあいつうしん18号

季刊誌となっておりますが、定期購読をご希望の方は、ご連絡いただければ対応いたします(‘◇’)ゞ

よりあいつうしん” への17件のコメント

  1. ヘロヘロの本を読ませていただきました。
    長野県松本市に住む増田美保子と申します。
    実家の母88歳 と昨年の9月から一緒に暮らし始めました。
    自宅に居るまで、車を運転して農作業をしていましたが、父が亡くなったので我が家に来ることにしました。
    やりがいのある日々から、一転して生き甲斐を見つけられず落ち込むことが多いなか友人からヘロヘロを貸していただき、読み聞かせをしました。感動しています。喫茶にいって、たくろう所よりあいをこのめで見てみたいと思います。
    みなさんのパワーを感じさせていただけたらと思います。

    • コメントありがとうございます。
      長野県は寒いですか??
      良かったら、一度遊びに来てみてください(^^♪
      パワーよりも「ヘロヘロ」感で満載まもしれませんが(+o+)
      日時の関係もありますので、一度事務の椎原までご連絡いただけると助かります。
      よろしくお願いいたします。

  2. 職場で紹介されて、村瀬さんの本と施設のことを知りました。知らないって怖いと思います。同じ福岡なのに。
    後藤さんの記事涙が出ました。私もボランティアに言ってもいいのでしょうか?
    そして、現状母が薬過敏のパーキンソン症状、大腿骨骨折、認知症で入院→老健におりますが、常に施設の在り方を模索していました。そんな時に職場で村瀬さんの存在を教えてもらいました。とても興味があります。ブログのお年寄りの皆さまの顔が生き生きとしています。感動です。でもその影には皆さまの頑張りが有るのでしょうね。長々とすみません。

    • コメントありがとうございます。
      また、通信を読んで頂き、嬉しいコメントに感謝します。
      ボランティアさん大歓迎です。
      まずは、遊びに、見に来ていただければと思います。
      事務の椎原まで連絡ください(^^♪

      • ご返信ありがとうございます。先ずは遊びに、そして見学を兼ねて近々伺わせて頂きます。椎原様にご連絡させて頂きますので、宜しくお願い致します。

  3. 東京郊外にあります小さな市に住んでおります。
    ヘロヘロを読ませていただき、沢山の勇気と、なんとかなるとの思いをいただきました。大笑いと感動の連続でした。
    難治性てんかん発作を持って生まれ、重い障害と共に生きてきた娘が、2015年3月、入所先でてんかん発作で倒れ、頚椎損傷。首から下の機能を失い、人工呼吸も付ける生活となりました。様々な命の危機を乗り越え、3年前から在宅生活を続けています。42歳になりましたが、私の目には乳飲み子と同じ愛おしい存在です。
    考え始めたらとめどなく心配ばかり。でも、訪問看護師を始めとするこれまで知らなかった在宅看護の世界を楽しみつつ、行けるところまで行くと覚悟を決めて(悲壮感はありません)続けています。私、間もなく70才。まだまだいきます。
    伺うことはできませんが、何かの形で応援をさせていただきます。

    • コメントありがとうございます。
      ヘロヘロもお読みいただいてありがとうございます。
      文面からそのご苦労が伝わってきます。
      どうかお体に気をつけてお過ごしください。
      応援ありがとうございます!!
      これからも、ヘロヘロ、ヨレヨレになりながらお年寄りとの日々を職員一同楽しみます!(^^)!

  4. メッセージにて失礼いたします。15年以上前に学生の時に「宅老所よりあい」様で実習をさせて頂き、その後も村瀬さんの講演内容や本をテキストとして職場内で研修させていただいています。7月末には見学ツアーにも参加させていただき大変勉強になりました。当法人は愛媛県でユニット型のショートステイを運営しており、是非「よりあいの森」様の雰囲気を職員さんたちにも生で実感し触れてもらいたいと感じ、もしよろしければ再度見学をさせて頂けたらと思いご連絡させていただきました。何卒よろしくお願いいたします。

    • ご連絡ありがとうございます。
      また、見学ツアーへご参加いただきまして、恐縮です。
      ありのままの様子を見てもらおうと、準備も整っておらず、あのような見学ツアーで大丈夫だったでしょうか?
      見学の件ですが、日時の調整が可能であれば、ぜひ来ていただければと思います。
      お手数ですが、お電話にてご連絡ください。
      よろしくお願いいたします。

  5. こんにちは。
    よりあい通信を購読となれば、おいくらになりますか?
    可能であれば、既刊も希望です。

    • よりあい通信の購読希望ありがとうございます。
      住所、氏名を教えていただければ、発送いたします。
      既刊にかんしては、残ってあるものであれば可能です。
      お電話でも受け付けますので、ご連絡ください。

  6. 昔、すぐ側に住んでいました。
    今、介護福祉士として病院に勤務しています。
    介護とは、と色々悩んでいます。
    今の現状は看護助手だからです。介護の勉強もして、実践者研修も受けて、世間は介護の現状を沢山発信してるのに、自分に苛立ちを感じながら日々仕事をこなしています。HPを見てあぁ、私はこの場所が理想だと素直に感じました。
    正直、いまは無理です。私は今、48歳です。でも、5年後でもお手伝いできたらと、いたたまれず、発信した次第です。
    私はこの仕事が好きです。誇りを持ってます。だから、いつかそちらに行った時は仲間になりたいです。可能かな、と発信しました。

    • コメントありがとうございます。
      今、高齢者福祉を取り巻く現場は、どこも息が詰まるような雰囲気ですよね。
      自分達の現場も一歩間違えると…、見失うと…、いつの間にか息の詰まる場所になっている可能性は大いにあります。
      そうならないように、職員一人一人が、お年寄り達にとって、理想と思える職場に近づけるために、悩み、考え、実行していける場所でありたいと思います。
      社会保障に関わる公的責任は薄れる一方です。
      けれども、自分達の守りたいもの、守るべきものを、軸に持ち、これからも実践していくつもりです。
      今後とも応援のほどよろしくお願いします

  7. 本日、よりあいつうしんが届きました。
    ありがとうございます。お手数おかけしました。
    これからじっくり読ませていただきます。
    無償とのこと、申し訳ありません。
    通販は、手ぬぐいだけでしょうか?
    返事お待ちしております。

    • 通信無事に届いてよかったです。
      自分達の実践や取組にもまだまだ課題が多くありますが、ぜひ楽しんで読んでいただければと思います。
      なお、次号につきましては、年末までの完成を目指しております。
      現在、通販は手ぬぐい1000円、手作りのコースター200円、バッチ150円、ヘアゴム150円で販売しています。
      よろしくお願いいたします。

      • 通販
        各1個ずつ注文させてください。
        支払い方法を教えてください。
        よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>