こーして、こーして

霧雨煙る6月の朝、フサエさんとマサコさんが何やらひそひそ熱心にお話しされていました。

二人揃って長い円筒状のものを両手で上から下になぞるようなしぐさを繰り返し、お互いを見つめてはうんうんと頷いておられます。

少し離れた台所からその光景を眺めていたのですが、大きな窓から差し込む曇り空の反射光の中で、二人の姿は妖しげな影絵のように上下に蠢いており、村々の最長老クラスしか仲間にまぜてもらえない感じの儀式みたいで、なんだか気になって仕方がなくなってきました。

洗いかけの皿を放り投げ、どこからどう見てもぺーぺーの私は、儀式にまぜてもらえないかもしれない不安と闘いながら二人に近づいていきました。

 

フサエ「こ、こんなして、こんなして、、ねぇ!」

1

マサコ「そそそ!こーして、こーして!」2

老婆たちの静かな熱狂を記録しておこうと、床板にねそべってかなりのローアングルでシャッターを切るぺーぺーを、まるでそこにいないかのように無視して二人は透明な円筒形をなぞり続けています。ひたすら「こーこー」言いながら。

 

ぺーぺー「あ、あのぅ・・・」

マサコ「あなた、そんなところに寝そべって何してんの?」

ぺーぺー「え?いや、その儀式、なんというか、、僕もまぜてください」

フサエ「うんうん」

マサコ「儀式って何?」

ぺーぺー「いや、そのさっきのこーして、こーしてってやつ」

フサエ「うんうん」

マサコ「私たちはね、戦争中は電気の傘からこーして黒い布を提げて、たったこれくらいの小さな灯りの輪の中で本を読んだのよ‥」

ぺーぺー「へ?」

マサコ「もうそれもね、ケンペーが回っているの。見つかったら逮捕されるのよ!」

ぺーぺー「なぜ?」

フサエ「うんうん、灯りが漏れる!」

ぺーぺー「灯りが漏れるとなぜ健平さんから逮捕されるんですか?」

マサコ「トーカカンセーよ、そんなことも知らないのあなた!」

ぺーぺー「・・・・」

 

灯火管制(Wikipedia)

戦時において民間施設および軍事施設・部隊の灯火を管制し、電灯、ローソクなどの照明の使用を制限することである。それにより、敵が状況を把握することを防ぎ、また、夜間空襲もしくは夜間砲撃などの目標となることをなるべく防ぐことを目的としている。都市部の民家などにおいては方法として窓をふさいだり照明に覆いを付けたりした。ただ、第二次大戦においては、B-29は高性能のレーダーを搭載して都市の市街地を爆撃することもできたため、既に効果が低かったとされる。

 

そんなことがあったのですね。

別に二人はUFOを呼ぼうとしていたわけではなかったのですね。

なぞっていた透明な円筒形は、電気の傘から垂れ下がる布きれでした。

 

朝から雨の降る日は窓の外に広がる油山も霧で隠れて、外にも出れないしなんだか憂鬱になるときがあります。

そういう時には宅老所の土間の大きな窓と、その近くに灯る素敵な照明がとてもいい仕事をしてくれます。

窓と照明の傍にいくつかの座椅子を置いておくと、お年寄りは自然にそこに集い、少ない言葉でも相通じる共通の体験を、静かに、時にはあつく語り合って過ごすことがあります。

Wikipedeiaで調べる灯火管制は、どこか遠い国の遠い時代のように私たち世代にとっては他人事のように感じてしまうのですが、お年寄りの実体験を伴う固有の語りの中には、その日その時にその人の話を聞くことでしか知りえないことが沢山詰まっている気がするのです。

 

さあ、インターネットに飽きてきたそこの貴方!

お年寄りのループする昔話をひたすら聞き続けたいという奇特なそこの貴方!

雨の日は桧原のよりあいへ、コーヒーでも飲みに来ませんか?

3

 

納涼祭 2019

今年もこの時期がやって参りました~(‘ω’)ノ

よりあいの森の「納涼祭」!!!!日時が決定しましたので、お知らせしまーす!(^^)!

令和元年 8月31日(土) 17時~21時に開催しまっす!!
 IMG_5777
はい!!ひょっこり!!!!げんさんです!!IMG_5761

今年の納涼祭も色んな出店とイベントの目白押しです!(^^)!

カフェコーナーでは、ケーキにアイス、コーヒー、紅茶でゆっくりできます。

食べ物コーナーではカレーに焼きそば!!もちろん!ビールにから揚げもありますよ!!食べて飲んでお腹一杯になってください(^O^)

IMG_5769

よりあいの森のイベントではお馴染みの、「ぼちぼち菜園と仲間たち」による無農薬野菜の販売と、アロマとマッサージのコーナーで日頃の疲れを癒してください(^^)/~~~

そして、そして、楽しいイベントも企画中!

食べて、飲んで、歌って、踊って、聞いて、騒いで、ワイワイがやがや、みんなで楽しく!夏の終わりを盛り上げたいです!(^^)!

IMG_5771

納涼祭と言えば~「SADAKO・Bar」この人⇑サダコママも出勤しますよ!ぜひぜひ、サダコママの美味しいお酒に酔いしれてください!

IMG_5765 (2)

今回の目玉は、巷で流行りの、本場、台湾の職員による手作りの「タピオカミルクティー」!!本場の味を堪能してみてください!!!!

これから、納涼祭の準備の様子を随時お伝えしていけたらと思うので、今後もよりあいの森のブログから目を離さずに見ていてくれたらと思います(‘ω’)ノ

みなさん遊びにきてくださーい(^O^) 待ってます!!!

 

※よりあいの家族会ページ更新しました。

http://www.instagram.com/yoriainomori/?hl=ja よりあいの森Instagr

 

ゆび

むむ!!お年寄りの指先になにやら・・・・?

IMG_5734

「なんだこれは????」と思い、その場にいた職員に、この指先にあるお年寄りの顔がなんなのかを聞いてみると。

「指先がいつも腕にあたって赤くなっていたので、保護するために三原さん(職員)が作ったみたいですよー」とのこと。

「なるほど、なるほど!!」

これはいいアイディア♪♪

IMG_5735

しかも、お年寄りの顔まで細かくあしらってあるではないですか!!

単に無機質な指を保護するものを作るのではなく、この細かい仕事とアイディアに「あっぱれ」です!(^^)!

になみにこのお年寄りが暮らしているユニットの名前も「あっぱれ」です(‘ω’)ノ

内輪ネタで申し訳ありませんが…これを作っている最中、その職員(三原)がニヤニヤ、ウキウキした表情で、心の中でもニヤニヤ、ウキウキしながら作っている姿が目に浮かびます。

お年寄りのことを思って手間暇かけて作ってきたその温かい気持ちに、こちらまでほっこりとしたある日のことでした(^^♪

IMG_5656

背中がかゆい

おじいちゃんは6月の末によりあいの森に来られた。
御年98歳になられる。
見た目は黒目がクリクリっとしたおじいちゃん。

食事は指と顔を巧みに駆使し、しっかりと食べられる。
もちろん、疲れた時は好きなだけ寝る。

「初めまして」から1週間くらいがたったある朝、起きてきてすぐに「背中が痒い…。」と言われた。

IMG_5651

職員は背中を掻いた。
「あああ~。」と気持ちよさそうに顔がほころぶ。
しかし、朝は職員の人数も手薄。3分くらい掻いたところで掻く手を止めた。

その直後だった。
「かゆいんじゃー!!」と怒りが爆発(‘Д’)朝食どころではない。
前にあった直径2mくらいの食卓丸テーブルを蹴飛ばし、にらみをきかす。

背中に痒み止めを塗ってみる。

しかし、痒みは治まらない。
睨み続ける。目で「掻け!!」と訴えている。

朝、二人いた職員達は代わる代わる背中を掻き続けた。
掻き続けて15分。何とか「今」ある痒みは治まったようだった。
ただ、それから5~10分は近寄ることができない空気をまとっていたが…(-_-;)

意を決して「そろそろ朝ご飯食べませんか??」と聞くと「うん。食べる。」と答えられ、ホッと一息。

IMG_5662

「この場所はどこまでワシのことを受け止めてくれるのだろう。」と試されている感じがした。

96歳まで、誰の手も借りず生きてきた。
このおじいちゃんにとって、よりあいの森に暮らすことがどんなことなのかを今一度考えてみる。
ここはどこだ??この人たちは一体誰だ?俺はこれからどうなる!!
その他、色々な思いを持ってここに来ている。時間の流れとともに徐々にその思いが溢れ出てくるかもしれない。

これから自分達は、このおじいちゃんのそんな思いと共に、どんな暮らしをすることになるのかを楽しみにしていたい(^_^)v

じいちゃん歩く4

肩もみ

「肩もみ」と聞くとどういったイメージをされるでしょうか?

私は子供のころずっと両親の肩もみをさせられていて、正直嫌だった記憶があります。

職員が力夫さんの肩を揉んでいるとヨウ子さんが「私がしましょうか」と言って代わって下さいました。「じゃあ僕がヨウ子さんの肩を揉みましょう」と職員がヨウ子さんの肩を揉み始めます。

三人が繋がっての肩もみという不思議な光景がそこにありました。

01

すると奥の方からは「私は小さなころから父親の肩を揉んでたからねぇ」と、とあるお年寄りの声が聞こえてきました。

視線を向けるとそこには・・・

02

第2よりあいの管理者緒方がチエ子さんに肩を揉んでもらっていました。
「最近忙しくて首が回らないんです」と言う緒方に「あなた働き過ぎなのよ。こんなに肩が凝ってるもの!

03

と肩もみにも力が入りしっかりと揉みほぐして下さっていました。

私にとってきらいな思い出の肩もみでしたが、誰かのことを思って揉んでいる姿を見ると、また両親の肩を揉みに、実家に帰ろうかなと思った出来事でした。