干し柿 ②

干し柿を干して2週間あまりが過ぎました。

IMG_5353

良い具合に干されて美味しそうなので、早速みんなで頂きま~す!(^^)!

IMG_5354

今年の干し柿の出来は上々のようで、みなさん「美味しかね~!!よ~できとる!あまかね~!!!」と言いながら食べておりました。

みなの喜ぶ顔が見れて嬉しかったです!また来年も一緒に作りましょう(^-^)

 

よりあいの森では一緒に働いてくれる仲間を募集しています

干し柿をお年寄りと一緒に「おいしか~!!」と食べてくれる方!もちろん干し柿が苦手な方でも構いません!お年寄り達との暮らしを楽しんでくれる方、ぜひお待ちしております。

【働く場所】

特別養護老人ホーム「よりあいの森」:城南区別府7丁目9-22

宅老所よりあい:中央区地行1丁目15-14

第2宅老所よりあい:南区桧原2-23-14

★夜勤ができる方(週に1回程度)

★通勤手当・賞与あります(規定に基づきます)

お問い合わせ

〒814-0104

福岡市城南区別府7丁目9-22

地域密着型特別養護老人ホーム よりあいの森

☎ 092-845-0707 担当 椎原・吉満

干し柿

本当にありがたいことに、毎年渋柿をたくさん頂いています。

今年も例年通り頂きましたので、早速!よりあいの森のデッキにずらりと

 

IMG_5267-1

カフェ側にもずらりとIMG_5270-1

物干し竿がその柿たちの重みに耐えきれず曲がってしまうくらいに干しました。

柿の皮むきはお年寄り、家族、職員で行いました。IMG_5266-1

森の猫「ちゃちゃ」は興味なさげですが…。

これから、美味しくなるまでの間、みんなで指をくわえて我慢の日々が始まります。

 

よりあいの森では一緒に働いてくれる仲間を募集しています

干し柿をお年寄りと一緒にむいてくださる方!一緒に干してくださる方!柿むきが上手な方!下手な方でももちろん構いません!ぜひご連絡ください。

干し柿一同、お待ちしております。

【働く場所】

特別養護老人ホーム「よりあいの森」:城南区別府7丁目9-22

宅老所よりあい:中央区地行1丁目15-14

第2宅老所よりあい:南区桧原2-23-14

★夜勤ができる方(週に1回程度)

★通勤手当・賞与あります(規定に基づきます)

お問い合わせ

〒814-0104

福岡市城南区別府7丁目9-22

地域密着型特別養護老人ホーム よりあいの森

☎ 092-845-0707 担当 椎原・吉満

IMG_5268-1

食べ頃は…後、1週間くらいかな~。

 

25周年記念イベントに向けて

こんにちは。今回ブログを書くことになりました広報部の堀といいます。

みなさん!来年の3月25日、26日は何の日かご存知でしょうか?

 

 

そうです!よりあい25周年記念イベントが開催される日です。このビッグイベントに向けて、よりあい職員一同気合いを入れて準備に取り組んでいる所であります。そこで私が、よりあい職員を代表はしませんが、意気込みを述べさせて頂きたいと思います。

私はよりあいに来て今年で3年目になります。毎日お年寄りと笑いあり、涙ありの楽しい日々を送りながら、定期的に開かれるイベントもたくさん体験してきました。恒例のバザーでは、キッズコーナーで子供達と一緒にはしゃぎ回り、夏祭りでは稲田流焼きそば(通称イナソバ)作りに奮闘し、納涼祭ではお年寄りのお酒コールにあえなく撃沈。おかげで焼酎に目覚めました。今ではもっぱら黒霧島のお湯割りです。

そして今回、よりあい25周年記念イベントが開催されるということで、精一杯盛り上げていこうと思っております。みなさんの全盛期はいつですか?私は今です!!よりあい25周年記念セミナー&コンサート!!よーし!やるぞー!!!

 

 

 

 

よりあいで一緒に働きませんか

宅老所よりあい・第2宅老所よりあいで介護職員を募集しています

★夜勤もできる方(週1回程度)

日勤のみの方。(週2~5日で要相談)

★通勤手当・賞与あります。(規定に基づきます)

★資格・年齢不問。

★勤務先

◎宅老所よりあい

福岡市中央区地行1-15-14

◎第2宅老所よりあい

福岡市南区桧原2-23-14

★履歴書をお送りください。

 

宅老所よりあいには

1日12名が通っています。ときどき泊まります。

お年寄りは「住み慣れた家で暮らし続けたい」と思っています。

家族は「家で看てあげたいけど、一人じゃ不安」と思っています。

 

私たちは、お年寄りと介護する家族の不安や混乱に寄り添い、

孤立することなく安心して暮らせるように支援することを大切にしています。

 

でも必要な支援は人それぞれ。

在宅生活を支えるのは大変なこともいっぱいあります。

だからこそ、支えることが出来たときの喜びも大きいですよ!!

 

ぜひ、私たちと一緒に働いてみませんか!!

 

★お問い合わせ

〒814-0104

福岡市城南区別府7-9-22

特別養護老人ホームよりあいの森

☎092-845-0707

担当:椎原・吉満

よりあい25周年記念イベントに向けて~グッズ紹介編~

25周年記念行事に向けてよりあいではただいまTシャツ・トートバックに続く新製品!

ならぬ記念グッズの作成に取り掛かっています!!

まず今回に皆さんにご紹介するのはこちら!!

ホームページにも描かれている我らが施設長村瀬孝生直筆の「おじいちゃん」を使った手ぬぐいです!!

手ぬぐい

シンプルな中にもセンス光るおじいちゃん。ハンカチではなくあえての手ぬぐい。

 

この手ぬぐいなどを企画している物販部部長日隈さんよりコメントをもらいました。

よりあい25周年を盛り上げるため、オリジナルグッズ作成に向けて動き出した。物販メンバーは11名。「自分たちが欲しくなるようなグッズがいいね」「楽しみながら取り組もう!!」と一致団結。

さっそく一回目の物販会議。グッズの候補を話し合う。鉛筆、手ぬぐい、缶バッジ、クリアファイル、キャンディ、チョコレート等々・・・みんなの提案は尽きない。

相談の末、ノート・クリアファイル・手ぬぐい・キャンディと提案内容は決定した。

 後日、25周年実行委員会議で物販部グッズの候補を提案。手ぬぐいとキャンディにOKが出た。

その会議中「コースターなんかもいいんじゃない」と施設長。グッズ製作に意欲的に意見をされたが、全員一致で却下される。

次は手ぬぐいとキャンディのデザインに取り掛かる。

手ぬぐい・・・「よりあいのホームページのおじいちゃんは?」とWさん。一同ホームページを見る。「いいね」とみんな賛同。

キャンディ・・・「よりあいの森のロゴマークは?」とMさん。「いいね」とこれまた一同賛成。

大体のビジョンは見えてきた。

ちなみに手ぬぐいのおじいちゃんのイラストに「これには文字を使ったらいいと思う」と提案の施設長。若女性職員たちに「えーっ」と非難され、それでも「英語ならいいんじゃない」とくいさがる。「このおじいちゃんにアルファベットは合わないと思います」・・・満場一致で却下となる。

こんな感じで物販メンバーはみんなで知恵を絞って、施設長の提案に耳を貸さずオリジナルグッズ製作中です。お楽しみに~

 日隈

今回のように25周年記念行事についてのお知らせやそれにまつわる様々な様子をお伝えしていければと思います。

お知らせ(仮)ができました!!!

『よりあい25周年記念セミナー&コンサート』お知らせ()が完成しました!!

 20160714220525841_0001

25周年記念行事(仮)おしらせ(PDF版)

 

6月18.19日に谷川俊太郎さんがゲストとして招かれ福岡市で行われた「福岡ポエイチ」というイベントでの会場で主催者様のご厚意により配らせていただきました。

チラシを見られた皆さん興味津々で「是非行きたいです」と言って下さる方もいらっしゃいました。

皆さんも来年の325日、26日はぜひ予定を開けておいてくださいね。

お知らせです!!

25周年セミナー&コンサートを行います!

         ↓をご覧ください

よりあい25周年セミナー&コンサートお知らせ

 

 

詳細は順次発表します。

楽しみにしていてくださいね。

お問い合わせ先:よりあいの森 092-845-0707

よりあいで働きませんか!

介護職員を急募いたします。

◎働くところは特別養護老人ホームよりあいの森です。

◎夜勤できる方。(1回程度)

◎通勤手当・賞与あります。

◎資格・年齢不問(とりあえず)

◎履歴書をお送りください。

 

年寄りは全員で26名が住まっております。

わたしたちのお世話をお願いいたします。

けれど、大きなお世話は困ります。

ちょっと前の出来事も憶えておりません。

無理も言うかと思います。

からだのいたるところに、不自由が生じております。

けれど、心と生活は自由でありたいと願います。

私たちの営みのペースとリズムは大切にお願いいたします。

お迎えがくるまでのわずかな時間をささやかに生きております。

どうぞ、私たちの暮らしを共につくり、支えていただきたいと願います。

 

◎お問い合わせ

814-0104

福岡市城南区別府7-9-22

特別養護老人ホームよりあいの森

☎092-845-0707

担当:椎原・吉満

 

お知らせ

 ご愛読いただきまして、ありがとうございました

 新緑の候、平素より宅老所よりあいの運営にご協力を賜りまして心よりお礼を申し上げます。大きな目標であった老人ホームの建設も無事に終了いたしました。開所して一年が過ぎました。あたりまえのことがあたりまえにできる暮らしの場、その人らしくいられる居場所であるように、お年寄りと共に日々を過ごしております。
 さて、このたび雑誌「ヨレヨレ」を廃刊することとなりました。雑誌「ヨレヨレ」は足かけ四年に及んだ特別養護老人ホームづくりの建築資金工面のひとつとして誕生しました。鐘ヶ江澄江さんの看取りのレポートが終了したこと、老人ホームの建設が無事に終了したことを区切りとし、その役割を終えたと考えました。これまでご支援ご愛読をいただいたみなさまに心よりお礼をお申し上げます。

 雑誌「ヨレヨレ」は多くの皆様から支持を頂き、愛されました。しかしながらその反響が短期間で大きくなり、電話対応や注文の実務、発送作業がまったく追いつかなくなっています。これまでの手売りの規模をはるかに超えるご支持を頂いたことを改めて感じています。このままではご注文いただくお客様や書店のみなさまにご迷惑をおかけすることになります。
 強い反響のある雑誌を全国規模で発信・販売するには記事内容の確認や精査、受注・発送、危機管理などに対応する組織体制と実行力が求められます。しかしながら、私たちはその実力を持ち得ていないことも実感いたしました。
 残念ではございますが、廃刊と販売の中止を決断した次第です。

 宅老所よりあいも若い職員を中心に実践を担う時を迎えております。更に厳しくなる老人介護の状況を安心のあるように今後も努力を重ねてまいる所存です。どうか引き続きご支援を賜りますようにお願い申し上げます。
 本当にありがとうございました。

                                     平成二八年四月一七日

                                         宅老所よりあい
                                           代表 村瀬 孝生