instagram始めちゃいました~

遂に!!この度!!インスタグラム始めちゃいました~(^_^)v

インスタグラムは、撮影した写真や動画を共有するためのツールです。

巷で流行り?もう流行ってない?「インスタ映え」「インスタ萎え」とかなんだとか…のやつです(+_+)

ホームページのブログとともに、インスタグラムでもよりあいの森や宅老所よりあいでの日々を発信していけたらと思っていますので、どうぞよろしくお願いします(^-^)

また、ホームページ上段の方にも「インスタグラム」の表示をつくりました。クリックして頂けると「よりあいの森」のインスタページへと辿りつけますよ(^^♪

2974_s
⇑ クリックお願いします(^^♪

筆舌に土筆がたい

第2よりあいには、お年寄りが集う広間の窓から見える広い専用駐車場があります。

今朝、その駐車場と隣家の境目にあやしげにうごめく巨大な動物を発見!

神社の狸かなぁとわくわくしながらしばらく見ていると、灰色の背中の向こうからにょきっと頭が・・
あい
獣ではなく人でした。女性です。みょ、妙齢の職員、アンリさんです。

 

まさかの…(‘Д’)

 

アンリさんのそばまで近づいてみると、一心不乱に何かを摘みとっておられました。
う
え
お
土筆です、つくしんぼです!!

そこらじゅうに顔を出しています。

ちなみに「土」に「筆」と書いて「つくし」と読むのですね。

パソコンの変換機能のおかげで今知りました!

隣家との境は斜面になっているから落ちないように必死というわりには、ただで手に入る春のめぐみの食材に、料理が大好きなアンリさんは始終にやけています。

どんなふうに調理をしたらお年寄りに喜んでもらえるのか・・そんなことを考えてニヤニヤしている顔です。
か
「ありゃ?土筆やんねこりゃぁ」
き
広間のテーブルの上に土筆を広げると、

何も言わずすぐに「はかま」をむしり取り始めるおとしよりたち。

まるで全自動はかま取り機です。

「ああぁ♡もう春ねえ、ウフフ」とか「まぁ、もう土筆が出てるのね!カワイィー」とか、ないのでしょうか・・

なんか沈黙が気まずくなってきたので、淡々とはかま取りをして下さっているフサエさん(鹿児島出身)に聞いてみました。

「いまごろ、フサエさんのふるさとでもつくしがたくさん顔を出しているでしょうねえ・・南の方だからもう摘まれたあとですかねぇ?ははは・・」
け
「アタシは、」
こ
「つくしなんか!食べない!」

さ
ドドーン!!!

お抹茶

よりあいの森に暮らすMさんはとても多趣味な方です。

編み物にコーラスにお茶にお酒!?も・・・・(笑)

先日、Mさんのご家族が、以前使用していた抹茶茶道具のセットを持ってきてくださいました。
IMG_4426
この日のおやつは手作り羊羹だったこともあり、さっそくお抹茶をたてて頂きました。
IMG_4428
慣れた手つきと所作で、茶筅を使い、きめの細かい泡を点てていきます・・・。

あっという間にお上品なお抹茶のできあがり。IMG_4433

IMG_4437
「お点前ちょうだいいたします。」ホッと一服(‘ω’)
IMG_4448IMG_4451
IMG_4444
なんだか皆さんの背筋もシャンと伸びて、ユニット広間全体がお上品な雰囲気に( ゚Д゚)!!
IMG_4450IMG_4447
お抹茶と羊羹、どちらも味わい深く、心休まる一時を過ごすことができました(^-^)

次はぜひ来月のお花見の時にでも!またのお抹茶を楽しみにしております(^^♪

 

お餅

朝ご飯を食べ終わって、みんなで一息ついていた時のことです。
唐突に一人のお年寄りが「お餅はないですか??きな粉餅を作りませんか?」と言われました。

突然…お餅ですか!?しかもきな粉餅(‘◇’)ゞ

ありがたいことに買い置きしていたお餅がありましたので、きな粉餅を作ることになりました。一口サイズに切って、湯がいて、きな粉にまぶして…。
IMG_6804
チャチャっと出来上がりです!

さあ!みんなで食べましょう!(^^)!

お餅を喉に詰めないかと冷や冷やする職員を横目に、皆さん黙々と平らげていきます。

Kさんは隣にいたお年寄りに話しかけます。
「あんた食べんと?美味しかよ~。食べさせてあげる。」と言って、きな粉餅を隣のお年寄りの口に運びます。
IMG_6817
それを見ていた職員が「僕にも!」とお願いすると「仕方なかね~。食べさせてあげるよ。」と職員の口にもポイっときな粉餅を入れてくれました(^O^)
IMG_6821
お餅。
職員としては、喉につめないか冷や冷やします。それでも、お餅が大好きなお年寄りはたくさんいます。もちろん、食べている時は、細心の注意が必要です。
IMG_6815
リスクをとるのか…暮らしの豊かさと食べることの喜びをとるのか…。とっても難しい時代となっていますが…。
出来る限りの手を尽くしながら、みんなが食べたい物を食べたい時に食べてもらいたいです。そして、その喜びや美味しさをみんなで分かち合えると嬉しいです(^O^)「最後まで口から食べることを支援する。」よりあいの森が大切にしていることの一つです。

何はともあれ、今日もお餅を喉に詰めることなく、美味しく食べてもらえて良かったです(^^♪

白菜の漬物

よりあいの森、1階のばんざいユニットでの毎日の何気ない会話です。

職員「どんなお漬物がお好きですか?」
Kさん「白菜漬けが好き。おばあちゃんが作ってくれよったとよ。」
職員「そしたら、今度みんなで漬けてみましょうか??」
Eさん「その時は私も手伝うよ~!(^^)!」

こんなお年寄り達とのやり取りから白菜漬け作りをすることになりました。IMG_6830
思い立ったが吉日(^O^)/
みんなで白菜を切って、日に干して、塩にまぶして、鷹の爪と昆布を入れました。そして、重しを乗せて…後は漬かるのを待つだけです。
IMG_6835
IMG_6845
IMG_6869
Eさん「まだ、食べれんかね?待ち遠しいね。お店でできてるやつを買ってきたら良かったねえ。」
職員「4~5日は漬けとかないといけないみたいですよ。」

みんなで早く食べたい気持ちを我慢しながら待ちました。

それでも待ちきれない様子のAさんに

職員「白菜の様子を見に行ってみましょうか??」
Aさん「食べたらいけんと??早く食べたい!」
Kさん「できとるとやないと??明日の朝ご飯にでも食べてみようかね。」

けれども…待ちきれなかったAさんに、ご飯と白菜漬けを用意するとパクパクと食べました。
IMG_6920
職員「味はどうですか?しっかりと漬かってましたか??」
Aさん「美味しくない!!」とズバリ(‘Д’)
職員「ええー!一口下さい。」(むむむ。確かに塩辛い(+o+))

よりあいの森では、その日のお年寄り達との会話の中から、何か始まることを大事にしています。それは、どこかへ行きたいという思いだったり、何かを食べたいとの要望、何かをしたいという願いであったりと、その時によって違います。だから、自分達の暮らしと同じで、日課やスケジュールは特にありません。

これからも、毎日の何気ない暮らしの中で「各職員がお年寄りから受け取った言葉や思いを形にする。」そのことによって起こる日常をみんなで一緒に楽しんでいきたいです(^O^)/

※残った白菜漬けは、後日、しっかりと塩抜きしてみんなで美味しく頂きました。