チャリティコンサートレポート(前編)

9月7日、土曜日。空はあいにくの雨模様。

「みんなで老人ホームをつくるぞ!チャリティコンサート」
その会場となった西南学院大学チャペル前には、
それでもたくさんのお客さんが開場時刻前から並んでくださいました。
tsukuru-nyujyo1
今回のコンサートを取り仕切る「よりあい資金部会」隊長・後藤朱美みずから、
濡れた傘を入れるビニール袋を入り口で配ります。

そのころ、楽屋では。
会場で販売される本に、谷川俊太郎さんがサインをしたためられている最中でした。
サインが終わるとまるで紋章のようなハンコが押されていきます。
(あ、すべての写真はクリックすると拡大しますのでどうかよろしく)
tsukuru-tanikawa1tsukuru-tanikawabook

開演10分前。客席はすでにお客さんで一杯!
tsukuru-kaijyo
最後の最後までチケットの売れ行きが思わしくなかった今回のコンサート。
でもフタをあければ、予定になかった2階席まで大開放です。
よかった!

さあ、いよいよ始まりです!
tsukuru-opening
司会を務めるのは、「よりあい」入職5か月目の新人・田中好。
「みんなで老人ホームをつくるぞー!」「つくるぞー!」
エイエイオー式の勝ちどきをあげてのスタートになりましたが、
この段取り、ついさっき決まったばかりです(笑)。
「よりあい」はいつもこうです。

最初に登壇したのは「よりあい」代表の村瀬孝生。
「よりあい」の歩みと、今、我々が目指そうとしていることについて、
会場を笑いに包みながらの45分です。村瀬節、炸裂!
tsukuru-murase
まるでアップル社のCEOが新型「アイフォン」を発表しているような写真ですが、
巨大スクリーンに映っているのは「よりあい」ができるきっかけとなった
大場ノブヲさんの写真だったりします。
また、堂々としゃべっているようにも見えますが、写真を拡大してよーく見てください。
緊張で顔が完全に引きつっております。
(これ、ここだけの話ね)

続くプログラムは、谷川俊太郎さんの登場です。
待ってました、谷川さん! 会場、われんばかりの拍手拍手。
tsukuru-taidan
対談形式でいろいろなお話しをしていただきました。
そのほんの一部をご紹介します。

「僕の親父はね、僕と違ってとても社交的な人だったから。
死ぬ前日もパーティーみたいな所に出かけていって、夜遅くに帰ってきたのね。
で、おなかが痛いって言い出してさ。トイレに行って下痢したみたい。
そんでお尻が気持ち悪いからっていうんで、お風呂にも入ってさ。
『もう寝る』ってベッドに入って、翌朝、そのまま死んでたの。
これね、子供としては大助かりだったんです。
お腹の中のものを全部出して、しかもお風呂まで入っているわけでしょう。
きれいに死んだわけです。
ただ『変死』ってことでね、警察来たけど(笑)」

tsukuru-taidan1tsukuru-taidan2

「老い」と「死」をテーマにした対談は、完全に谷川さんペース。
言葉の魔術でふわりふわりとかわすたびに、会場には笑いが巻き起こります。

最後に「長谷川式スケール」による認知症診断を、谷川さんにもやっていただきました。
「ここはどこですか?」
「その質問には答えづらいなあ。だって宇宙は130万光年もあるっていうし、
今ここがどこかなんて特定するのは誰にも出来ないんじゃないの?」

さてレポートはまだまだ続きます。
次回、チャリティコンサートレポート中編
《怪物歌姫降臨の巻》にご期待ください!

チャリティコンサートレポート(前編)” への2件のコメント

  1. コンサートレポート、本当に楽し買ったことがよ~く伝わってきました。
    仕事がなければ、行けたのに残念!
    それでも、このイキイキレポートのおかげで、自分も会場にいる気分を味わえてます。どうもありがとう☆
    谷川さんのお父様、ある意味うらやましいですね。
    最後まで楽しい時間を過ごして、体もきれいにして、旅立って行かれたんですものね。
    「死」を、こんな風に語っている谷川さんも素敵ですね。
    私の父は以前から「死」について、こんな風に語ってました。
    「自分の命が、次の命に続いていくと思えば、死は怖くないよ。」
    谷川さんのお話を読みながら、ふと思い出しました。
    ちなみに父は現在92歳。
    食欲がものすごく~くあるので、まだまだ長生きしそうです。

  2. でも、そういう素敵な話だけでまとまらないのが、
    実は「よりあい」の恐ろしいところで、
    近日公開の「中編」をぜひ楽しみにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>