チャリティコンサートレポート(後編)

チャリティコンサートもいよいよ大詰め。
みなさんお待ちかね「谷川俊太郎+DiVa」の登場です。
ステージ向かって右側の客席に陣取った「よりあい」のお年寄りたちも拍手で迎えます。
やんや! やんや!
tsukuru-concert
1曲目は「しあわせ」。ヴォーカル・まこりんの澄んだ声がチャペルに響き渡ります。

と、ここでいきなり最前列のお年寄りに動きが!
開始わずか1分で「よりあいの帰る姫」ことキヌエさんが、
「もぉ~帰りたい~」と駄々をこね始めた!
「出た!」。慌てる職員。
キヌエさん、なぜかお客さんに深々と頭を下げいきなりの退場です。

ちなみにキヌエさんはこのあと、ガラス張りのチャペルのロビーで、
「北九州市営モノレール」が来るのをずっと待っていたそうです。
自由でいいなあ~。

さて。コンサートはDiVaの演奏と、谷川さんの詩の朗読でぐんぐん進んでいきます。
tsukuru-tanikawa4
「願い」(抜粋)

分かろうとしないで下さい
私がうわごとを言いつづけるとき
意味なんか探さないで
夜っぴて私のそばにいて下さい
たとえ私があなたを突きとばしても

谷川さんが詩を朗読するたびに
「あーそんとおり、そんとおり! 私もそげん思いよったとこ!」
と、声に出して拍手する「よりあい」のお年寄りたち。

そう! きっとそれでいいのだ! 理屈なんかいらない!
それが音楽だ! それが詩だ! 楽しむってそういうことだ!
tsukuru-concert3
tsukuru-concert2
チャペルに響き渡るDiVaの音楽。

そんな中、完全に戦闘態勢に入っているお年寄りが約1名。

「わしの出番はまだかね?」

どうやら「よりあいの歌番長」ことユキオさんは、
谷川さんの座っているイスを「次に歌う人が座る場所」だと思ってたみたいです。

こうして無事かどうかはわかりませんが、
チャリティコンサートは拍手喝采の中、幕を閉じたのでした。
tsukuru-makoring
ヴォーカルのまこりん。ありがとう。
tsukuru-ootsubo
ベースの大坪寛彦さん。ありがとう。
tsukuru-kensaku
そして、うんこの帽子をかぶったピアノの谷川賢作さん。
ありがとう。

終演後はステージでサイン会も行われました。
tsukuru-sign1
tsukuru-sign2

打ち上げは「よりあいの森カフェ」で。夜遅くまで宴はわいわいと続いたのでした。
tsukuru-uchiage

最後になってしまったけど。

谷川俊太郎さん。
tsukuru-tanikawa3
いつもいつも「よりあい」の無茶なお願いを聞いてくださり、
本当にありがとう。

そしてなにより。
会場に詰めかけてくださったみなさま。
本当にありがとうございました。

立派かどうかはわかりませんが、きっと「いい老人ホーム」を作ります。

というわけで。
チャリティコンサートレポートは、これにて終了です!

チャリティコンサートレポート(後編)” への7件のコメント

  1. なんかいいですね~
    自由で自分らしく生きているお年寄りたちの様子・・・
    そして、それを温かく見守っている人たち・・・
    「コンサートにきました」
    そんな堅苦しい感じでなく、
    「今回はよりあいにたくさんの人に集まってもらいたくて、会場を借りました、
    みなさん、楽しんでくださいね~」
    とても和やかな雰囲気で、いいですね~
    サイン会が、ステージ上というのもいいな~
    仕事で行くことができませんでしたが、十分楽しませていただきました。
    「生き生き生中継」のようなレポート、ありがとうございました☆

  2. チャリティーコンサート、友人とお邪魔しました。
    準備・当日運営・後片付けと大変だったことと思います。お蔭様で楽しいひとときを過すことが出来ました。ありがとうございました。
    村瀬さんと谷川さんのトークもよかったし、余興も、コンサートも、すべて楽しむことが出来ました。
    コンサートの最後に麻里子さんが歌われた「いかなきゃいけない ひとりでいかなきゃいけない」って言葉の入った詩のタイトルを教えていただけませんか。とても心に残っています。

  3. 打ち上げの席でユキオさんが出番を待っていたという話が出たとき、
    谷川賢作さんがこうおっしゃってました。
    「そういうのいいじゃん! 今度そういうのやろうよ!」

    またいつの日か、チャペルを借り切って、
    やりたい放題ができればいいなあと思います。
    準備が大変だけど(笑)。

  4. 「ぼくもういかなきゃなんない」で始まる歌は、
    「さようなら」というタイトルです。
    詩は谷川俊太郎さん。作曲は谷川賢作さん。

    詩の全文は『谷川俊太郎詩選集2』(集英社文庫)に収蔵されているようです。
    また、曲で聴く際は『詩は歌に恋をする ~ DiVa BEST』というベスト盤がいいかと思います。
    ちなみにこの曲、よりあい代表の村瀬孝生が一番好きな曲だそうですよ。
    (誕生日にまこりんから歌ってもらったこともある)

    DiVaのホームページアドレスを記しておきます。
    http://tanikawakensaku.com/diva/

    詩集・ベスト盤ともにアマゾンでも買えるようです。

    • 早速のお返事、ありがとうございました。
      「さよなら」ですか。悲しいけれど、こころ打つ詩(うた)ですね。さっそくCD取り寄せようと思います。
      村瀬さんが9月23日、大分にいらっしゃるのですが、私は残念ながら仕事です。職員が研修に参加します。
      よりあいのお話を楽しみにしています。お気をつけてお越しください。

  5. 目の前にその光景が浮かんでくるような素晴らしいレポート有難うございました。
    所用で行けなかったのが大変残念でしたが、お誘いした友人の女性から「良いコンサートでした。谷川さんのお元気さと声の張りに感心し敬意を抱きます。高齢化社会に対応した「よりあい」の活動にもエールを送ると共に、自らの終活をもしっかり考えねばと思いました。」との趣旨の感想メールを貰い嬉しく思っています。
    必ず「いい老人ホーム」を実現させましょう。

    • ありがとうございます。

      谷川さんの着ていたTシャツをひっぺがしたとき、
      谷川さんの胸板が想像以上に厚かったのと、
      二の腕の太さにちょっとびっくりしました。

      まるで昔のプロレスラーみたいなんですよ。

      でも特に体を鍛えてあるわけではないそうです。

      不思議でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>