愛玉子

タイトルを見て「なんて読むんだ?」となった方もいらっしゃるでしょう。

愛玉子と書いて「オーギョーチ」と読みます。実はこれ、台湾のスイーツのことなんです。

よりあいの森には台湾出身の職員さんがいらっしゃいます。

その職員さんが、ぜひ皆さんで台湾スイーツを食べてもらいたい!!ということで、お年寄りと一緒に手作りしてくれました(^O^)
IMG_1488

「レモンを絞るのはまかせときんしゃーい」とさすが男性、力のいる工程は頼りになります(^^♪

IMG_1490

女性陣は飾りつけのレモンを手際よく切っていきます。

IMG_1489

こねて~こねて~♪

IMG_1492

IMG_1491

オーギョーチは植物の種を原材料としており、その種を水に浸して揉み続けるとゼリー状に変化していきます。

IMG_1493

さぁー最後にきれいに盛り付けていきます。

先程しぼったレモンを、はちみつと混ぜ合わせゼリーにかけます。そして、レモンとクコの実を飾りつけて完成です!(^^)!

IMG_1487

台湾では夏になると、お店で食べたり、ご家庭でもよく作られる定番スイーツとのことです。

IMG_1494

愛玉子を食べて、暑い夏を乗り切りましょう!(^^)!

IMG_5519

『チャーリー ドウード チーガン』 台湾語で『よろしくお願いしまーす!』

愛玉子” への3件のコメント

  1. 皆さんお元気そうですね。
    オーギョーチおいしそう! これからの季節にぴったりの感じです。 レシピ、教えていただけませんか。

    • お久しぶりです。みんな元気に過ごしていますよ(‘ω’)ノ俊さんもお変わりないですか??
      オーギョーチのレシピですが、「愛玉子」という素が台湾のスーパーにはどこにでも売ってあるそうです。
      その中には、植物の「種」と、種を揉む時に種を入れる「袋」が入ってあるそうです。
      まずはお湯を沸かし、常温になるまで冷まします。冷めたらボールに移します。
      そして、「種」を「袋」の中に入れて、ボールに移したお水の中でひたすら揉みます。
      すると、ボールの水が「黄色」っぽくなってきます。その後1~2時間位、固まるまで待ちます。
      その間にはちみつレモンを作り、冷やします。
      オーギョーチが固まったら、はちみつレモンをかけ、煮込んだクコの実、レモンを添えて出来上がりです!(^^)!
      出来上がるまで少し手間がかかりますが、ぜひ!作ってみてください(^^)/~~~

      • レシピ、早速有難うござ会いました。
        先ずは「種」を入手する必要があるのですね。どこかで入手して、トライしてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>