101回目の誕生会

cafe0921
よりあいの森にも、少しずつ秋の気配が漂いはじめました。

kuri01
裏庭にある栗の木も、立派な実をつけはじめたようです。
おいしいんですよ、この栗。ちょっと小ぶりですけどね。

ice&kuri
カフェ名物のかき氷。今日は桃とぶどうの手作りシロップです。
栗とかき氷。夏と秋がテーブルの上で交錯しています。

そんな9月21日。今日はカフェでパーティーが行われます。
cafe-terace

フミエさんの101歳をお祝いする「誕生会」です。
主賓のフミエさん、うっすらお化粧して登場です。
fumiesan-0

フミエさんと顔なじみのお年寄り、そして職員が大勢集まって、
さあ、パーティーの始まり始まり!
party

職員手作りのくす玉が割られ、特注のケーキが運ばれてきます。
(フミエさんの顔のイラストがケーキにデコレーションされてる!)
birth-cake
ハッピーバースデイ、フミエさん! ハッピーバースデイ、トゥユー!

特別ゲストはジャズミュージシャンの田中洋勲さんです。
アルトサックスの音色がカフェに響きます。
sax
なお、「よりあいの歌番長」ユキオさんは
たのまなくても「歌のプレゼント」をしてくれます(3曲ぐらい)。

顔なじみのお年寄りから花束や寄せ書きがじゃんじゃんフミエさんに贈られています。
fumie-san02
宴はわいわいがやがや、約2時間にわたって盛り上がりました。

余興のラストを飾るのは、恥幸夫&白永さゆりの「いつでも夢を」。
simo-mura
これも、たのまなくてもやってくれます(笑)。

でも、フミエさんにとって一番のプレゼントは、
息子さんが遠方から会いに来てくれたことだったかもしれませんね。
fumie-san03

なお、中に入れてもらえない猫のベベは外でふて寝してました。
bebe0921

博多新劇座で観劇

9月20日、金曜日。
招待券をいただいたので「博多新劇座」にみんなで観劇に行ってきました。

今月の公演一座は「座KANSAI」
座長・金沢つよし、若座長・金沢じゅん。
流し目をビシバシ決めまくる「二人の看板役者」が率いる
若さあふれる一座です。

2013_09

歌と踊りとお芝居と。
たっぷり3時間15分の長丁場。

のりのりで一緒に踊るお年寄りの姿あり。
自分も舞台に立とうとするお年寄りの姿あり。
売店でボンタンアメを大量購入し、みんなに配るお年寄りの姿あり。
(便所が遠いと不平をもらし、帰ろうとするお年寄りの姿もありましたが)。

そんな中、感動的だったのはスミ子さんの大盤振る舞いでした。

座長の色っぽい踊りに何か感じるものがあったのでしょう。

スミ子さんは自分の財布から千円札を取り出すと
「おひねりをあげたい!」と言い出したのです。

でもここで千円じゃあスミ子さんに恥をかかせることになる。

ええいとばかりに職員が自分の財布から一万円札を取り出し、
スミ子さんに気づかれないようにすり替えます。

職員に手をひかれ、座長に近づくスミ子さん。
そして座長のふところに、そっとおひねりを入れるスミ子さん。

さすがの座長も「こ、これをいただくわけには…」と
一瞬迷われた様子を見せられましたが、
ここで女に恥をかかせちゃ役者の恥。
にっこり受け取って下さいました。

よっ! 千両役者! そうこなくっちゃ!

終演後。

退出に時間がかかる「よりあい」のお年寄りたちを、
一座のみなさんは玄関でちゃんと待っててくださいました。

一座の大御所・鶴浩二さんは、お年寄りの手を引き、
送迎のお手伝いまでしてくださる大サービス。

人の情けと恩と義理。
この三つを忘れちまっちゃあ、
犬畜生と呼ばれちまうんでぇい!
(今日の劇のセリフから)

はじめて体験した大衆芸能の魅力とその人情に、
一同「よかったぁ~」と
大いに楽しんだ一日でした。

また行きたいなぁ~!

チャリティコンサートレポート(後編)

チャリティコンサートもいよいよ大詰め。
みなさんお待ちかね「谷川俊太郎+DiVa」の登場です。
ステージ向かって右側の客席に陣取った「よりあい」のお年寄りたちも拍手で迎えます。
やんや! やんや!
tsukuru-concert
1曲目は「しあわせ」。ヴォーカル・まこりんの澄んだ声がチャペルに響き渡ります。

と、ここでいきなり最前列のお年寄りに動きが!
開始わずか1分で「よりあいの帰る姫」ことキヌエさんが、
「もぉ~帰りたい~」と駄々をこね始めた!
「出た!」。慌てる職員。
キヌエさん、なぜかお客さんに深々と頭を下げいきなりの退場です。

ちなみにキヌエさんはこのあと、ガラス張りのチャペルのロビーで、
「北九州市営モノレール」が来るのをずっと待っていたそうです。
自由でいいなあ~。

さて。コンサートはDiVaの演奏と、谷川さんの詩の朗読でぐんぐん進んでいきます。
tsukuru-tanikawa4
「願い」(抜粋)

分かろうとしないで下さい
私がうわごとを言いつづけるとき
意味なんか探さないで
夜っぴて私のそばにいて下さい
たとえ私があなたを突きとばしても

谷川さんが詩を朗読するたびに
「あーそんとおり、そんとおり! 私もそげん思いよったとこ!」
と、声に出して拍手する「よりあい」のお年寄りたち。

そう! きっとそれでいいのだ! 理屈なんかいらない!
それが音楽だ! それが詩だ! 楽しむってそういうことだ!
tsukuru-concert3
tsukuru-concert2
チャペルに響き渡るDiVaの音楽。

そんな中、完全に戦闘態勢に入っているお年寄りが約1名。

「わしの出番はまだかね?」

どうやら「よりあいの歌番長」ことユキオさんは、
谷川さんの座っているイスを「次に歌う人が座る場所」だと思ってたみたいです。

こうして無事かどうかはわかりませんが、
チャリティコンサートは拍手喝采の中、幕を閉じたのでした。
tsukuru-makoring
ヴォーカルのまこりん。ありがとう。
tsukuru-ootsubo
ベースの大坪寛彦さん。ありがとう。
tsukuru-kensaku
そして、うんこの帽子をかぶったピアノの谷川賢作さん。
ありがとう。

終演後はステージでサイン会も行われました。
tsukuru-sign1
tsukuru-sign2

打ち上げは「よりあいの森カフェ」で。夜遅くまで宴はわいわいと続いたのでした。
tsukuru-uchiage

最後になってしまったけど。

谷川俊太郎さん。
tsukuru-tanikawa3
いつもいつも「よりあい」の無茶なお願いを聞いてくださり、
本当にありがとう。

そしてなにより。
会場に詰めかけてくださったみなさま。
本当にありがとうございました。

立派かどうかはわかりませんが、きっと「いい老人ホーム」を作ります。

というわけで。
チャリティコンサートレポートは、これにて終了です!

チャイティコンサートレポート(中編)

チャリティコンサートも中盤戦に突入です。
中盤戦のトップバッターは「永遠の前座」として知られる
「リンダボーイズ」のファッションショー。
tsykuru-rindaboys
「リンダボーイズ」の正体は「よりあい男性職員の有志」で、
(目立ちたがり屋とも言う)
メンバーのうち3人は夜勤明けの徹夜状態で本日のステージにのぞんでおります。

「特製Tシャツ」と「特製トートバッグ」の魅力を華麗にアピールし、
「より多くのお客さんに、たくさん買ってもらうズラ!」
と、大きな野望を持ってステージにあがったようですが、そこは「永遠の前座」たち。
なんのアナウンスもせずに退場したので、まったく意味不明なショーとあいなりました。
さすがです! 最高です! 谷川賢作さんもそこを絶賛されておりました。

さあ、問題は次の出し物です。まずは写真をご覧ください。
できれば写真をクリックして拡大版でご覧いただきたい!
(注:心臓の弱い方はご遠慮ください)
tsukuru-sayuri3
恥幸夫&白永小百合による「いつでも夢を」リサイタル。
もうね、その正体についてはここでは書きませんがね、
小百合嬢の暴走ぶりときたらすごかったですねぇ。
大学チャペルで完全にやりたい放題!
デジカメもおかしくなったのか、なぜか小百合嬢の鼻の穴ばかりに
ピントがバチバチ合うという怪奇現象も起きました。
tsukuru-sayuri2
うはははは。なんだこれは?
ちなみにこのリサイタルですが、
関係者もまさかこんな出し物があるなんて知りませんでした。
ま、これ以上書くと殺されますので、次の出し物の話。

続いては、谷川俊太郎さんを交えての「よりあいチャリティオークション」です。
まずは、この世に1枚しかない「谷川俊太郎直筆・ことばの色紙」から。
tsukuru-auction1
2000円スタートがまたたくまに5000円、1万円、2万円と上がっていきます。
これには司会を務めた谷川賢作さんもびっくり!
「博多はどうかしてるぞ!」

続いての出品は、谷川俊太郎さんが着ていたTシャツを
ステージでひっぺがしてオークションにかけるという
「完全にどうかしている商品」。
tsukuru-auction2
アシスタントの小百合嬢が会場をあおりまくります。
「脱ぎたてのホヤホヤ! 汗つき、しみつき、においつきでーす!」
これまた高額落札。
「博多は完全に狂ってる!」(谷川賢作さん発言)

このままいくと俊太郎さんが身ぐるみ剥がされることになりかねないので、
最後は「俊太郎さんと7分間、ふたりきりでお茶が出来る権利」。
うーん、やっぱ博多はどうかしてるのかなあ。
またまた高額落札でした。

というわけで、「よりあい」ならではの信じがたいオークションは、
熱狂と爆笑のうちにお開きとなりました。

ここで休憩です。

tsukuru-buppan3
会場のエントランスに設けられた「よりあいグッズ」ブースは大忙し。
Tシャツ、トートバッグ、そして「よりあいの森特製手作りジャム」
特にジャムは飛ぶように売れ、あっという間に完売しました。

tsukuru-buppan1
谷川賢作さん率いる「DiVa(ディーヴァ)」のCD販売ブースも
「すごく売れてます!」とにこやかポーズ。
なお、賢作さんの粋な計らいにより、
1枚の売り上げにつき500円が「よりあい」にカンパされました。
(賢作さん、ほんとにありがとう!)

tsukuru-buppan2
「よりあい」関連書籍と、俊太郎さんの本も販売。
こちらも大盛況です。

tsukuru-kinunokai
「絹の会」は、作品展示。
タンスに眠っていた着物を洋服にリメイクした作品に、
多くの方々から問合せをいただきました。
これから徐々に一般販売もしていけたらと思います。

さあ、残すはメインイベントのみです。
が、この続きは、チャリティコンサートレポート後編
《よりあいに託された詩・その秘密の巻》でお届けしたいと思います。
お楽しみに!

チャリティコンサートレポート(前編)

9月7日、土曜日。空はあいにくの雨模様。

「みんなで老人ホームをつくるぞ!チャリティコンサート」
その会場となった西南学院大学チャペル前には、
それでもたくさんのお客さんが開場時刻前から並んでくださいました。
tsukuru-nyujyo1
今回のコンサートを取り仕切る「よりあい資金部会」隊長・後藤朱美みずから、
濡れた傘を入れるビニール袋を入り口で配ります。

そのころ、楽屋では。
会場で販売される本に、谷川俊太郎さんがサインをしたためられている最中でした。
サインが終わるとまるで紋章のようなハンコが押されていきます。
(あ、すべての写真はクリックすると拡大しますのでどうかよろしく)
tsukuru-tanikawa1tsukuru-tanikawabook

開演10分前。客席はすでにお客さんで一杯!
tsukuru-kaijyo
最後の最後までチケットの売れ行きが思わしくなかった今回のコンサート。
でもフタをあければ、予定になかった2階席まで大開放です。
よかった!

さあ、いよいよ始まりです!
tsukuru-opening
司会を務めるのは、「よりあい」入職5か月目の新人・田中好。
「みんなで老人ホームをつくるぞー!」「つくるぞー!」
エイエイオー式の勝ちどきをあげてのスタートになりましたが、
この段取り、ついさっき決まったばかりです(笑)。
「よりあい」はいつもこうです。

最初に登壇したのは「よりあい」代表の村瀬孝生。
「よりあい」の歩みと、今、我々が目指そうとしていることについて、
会場を笑いに包みながらの45分です。村瀬節、炸裂!
tsukuru-murase
まるでアップル社のCEOが新型「アイフォン」を発表しているような写真ですが、
巨大スクリーンに映っているのは「よりあい」ができるきっかけとなった
大場ノブヲさんの写真だったりします。
また、堂々としゃべっているようにも見えますが、写真を拡大してよーく見てください。
緊張で顔が完全に引きつっております。
(これ、ここだけの話ね)

続くプログラムは、谷川俊太郎さんの登場です。
待ってました、谷川さん! 会場、われんばかりの拍手拍手。
tsukuru-taidan
対談形式でいろいろなお話しをしていただきました。
そのほんの一部をご紹介します。

「僕の親父はね、僕と違ってとても社交的な人だったから。
死ぬ前日もパーティーみたいな所に出かけていって、夜遅くに帰ってきたのね。
で、おなかが痛いって言い出してさ。トイレに行って下痢したみたい。
そんでお尻が気持ち悪いからっていうんで、お風呂にも入ってさ。
『もう寝る』ってベッドに入って、翌朝、そのまま死んでたの。
これね、子供としては大助かりだったんです。
お腹の中のものを全部出して、しかもお風呂まで入っているわけでしょう。
きれいに死んだわけです。
ただ『変死』ってことでね、警察来たけど(笑)」

tsukuru-taidan1tsukuru-taidan2

「老い」と「死」をテーマにした対談は、完全に谷川さんペース。
言葉の魔術でふわりふわりとかわすたびに、会場には笑いが巻き起こります。

最後に「長谷川式スケール」による認知症診断を、谷川さんにもやっていただきました。
「ここはどこですか?」
「その質問には答えづらいなあ。だって宇宙は130万光年もあるっていうし、
今ここがどこかなんて特定するのは誰にも出来ないんじゃないの?」

さてレポートはまだまだ続きます。
次回、チャリティコンサートレポート中編
《怪物歌姫降臨の巻》にご期待ください!

チャリティコンサート速報!

「みんなで老人ホームを作るぞ!チャリティコンサート」

みなさん、ご来場いただき本当にどうもありがとうございました!
おかげさまを持ちまして、大盛況のうちに終えることができました!
(予定になかった2階席も大開放するという嬉しい嬉しい悲鳴!)

詳細に関しましては、また追ってご報告させていただきたいと思いますが、
取り急ぎ「今日のベストショット」をアップさせていただきます。

tsukuru-1

さて、この二人はいったいなにをしているのでしょう?
詳細は次号! 乞うご期待!

 

(よりあい伝言板)
9月7日のチャリティオークションで
「谷川俊太郎さんとお茶ができる権利」を落札されたお客様。
せっかくですので、記念にこの写真をプレゼントとしてお送りしたいと思います。

auction9.7

もし、このホームページをご覧になられましたら、
ぜひご一報いただければと思います。

連絡先は◆宅老所よりあい/よりあいの森をつくる会 電話:092-845-0200です。

俊太郎さんからの贈り物

よりあいよりあい

よるがちかずくとたましいは
りくつをわすれる
あいのしょっぱさも
いきることのすっぱさも
よけいにあじわえて
りきむことなく
あえかなまどろみに
いいゆめをみて
よれよれのからだも
りすのよう きにかけのぼり
あまいこのみを
いっぱいとってくる
よろこびにはなんの
りゆうもなく
あすはちかくてとおい
いきるだけさ しぬまでは

( よりあい10周年の時に書いて下さった詩 )

今ここ

虫食いの過去へ
ほつれてゆく歴史へ
エンドマークへと溶暗してゆく未来へ
こころは明るさを求めて羽虫のように飛び回る
だがカラダはいつも今ここにいる

夢ではない今ここ
目の前の花をみつめる今ここ
つい甘いものに手がのびる
笑い声としゃっくりとあくびとおならの
幻ではない今ここ

化け物が棲む人生の森で迷子になって
ココロはいまだにさまよっている
だが誰かの抱きしめる手は待っている
誰かを支える脚は待っている
注意深い目もほほえみも

昨日でも明日でもない
今ここに生きる若いいのち老いたいのち
カラダはカラダとともに生きる
のんびりココロとたわむれながら
いつまでも古びない驚きとともに

谷川俊太郎

( 第2よりあいに俊太郎さんが遊びにきて書いて下さいました。)
俊太郎さんが「よりあい」を面白がってくれて、それから18年付き合ってもらっています。
今年、82歳になる俊太郎さん。もうりっぱなお爺さんなのですが、詩にふれると、子ども・少年・女の子・おんな・おとこ、と自由自在。どこまでもこころが広がっていきます。

82年生きた俊太郎さんが今「生きること・老いること・死ぬこと」にどう付き合っているのか。村瀬との対談も興味深いものになりそうです。

なんといっても82歳。仕事もセーブされているご様子なので、お付き合いして下さるのもこれが最後かもしれない・・・。
俊太郎さんの声で朗読される詩と、その詩を歌にしたDiVaの音楽。
魂の奥の奥まで揺さぶられるコンサートになることと思います。

あなたの大事な人と・・・
一緒にこの時間をすごしてほしいのです。

よりあいの職員とよりあいの森のメンバーでお待ちしています。
9月7日(土)
「みんなで老人ホームをつくるぞ!チャリティコンサート」

出演:谷川俊太郎&DiVa
会場:西南学院大学チャペル
開場:12時30分
入場料:3500円

チケットの問合せ よりあいの森をつくる会 電話:092-845-0200

よりあいの森カフェ上映会

暑かった今年の夏も大雨が2回降って9月になりました。
虫が鳴き始めすっかり秋の気配です。

8月25日(日)、よりあいの森カフェにてドキュメンタリー映画の上映会を行いました。

『いのちを楽しむ ―容子とがんの2年間―』

あいにくの大雨でしたが、28名の参加がありました。

IMG_5082

IMG_5090

IMG_5100

参加者の感想を一部ご紹介します。

●福祉ボランティアを長年やってきた。また両親も肺がんで亡くしたので、がん末期の苦しみを目の当たりにしてきた。今日の映画をみて、”亡くなることは目を覚まさないこと、死ぬことはもう起きなくていいこと”だと思うと気が楽になった。(70代女性)
●ホームヘルパーをしている。日々の仕事のなかで、死に向かうことに対し感じることや疑問が多々ある。その人たちに自分ができることは何か、いつも考えている。自分は人を応援するのが好き。人を応援するということは、相手に対する愛である。容子さんの「生きている人を大切にしてあげて」という言葉が印象に残った。(50代女性)
●しょせん人は老いや死を意識しないで日常を生きている。介護の仕事でお年寄りの看取りをしたとき、明日は約束されたものではない、今日一日がすべてである、ということに気づかされる。そしてすぐ忘れる、ということである。(40代男性)
●自分は最新の治療を受けて亡くなった、「がんをひとときも忘れられない」という清子さんに考え方が近いと思う。彼女は”なくすこわさ””奪われる悲しみ”を知っている人だと思う。それは「人間くささ」だと思う。(50代女性)
●がんの宣告は残酷だと思う。戦争で800人のなかでたった3人生き残った父であっても、肺癌の余命2.~3ヶ月を受け止められず、のたうちまわった。私は、死は突然来るほうがよいのでは、と思っている。頭の中で死が考えられることに抵抗がある。ジタバタしていいのではないか。(60代女性)                                 ●両親は宅老所で多くの人に支えられて亡くなった。が、自分が死ぬときは子どもたちに迷惑をかけたくないと思ってしまうが…。いろいろ考えさせられた。(50代女性)      ●容子さんだけでなく、支えている人たちすべてが主人公の映画だった。介護の仕事でお年寄りの死に出会うが、自分も人に迷惑をかけながら生きていきたいと思う。(30代女性)

ご協力くさだった方々、本当にありがとうございました。