大事にすべきこと②

入居のためのご挨拶へ伺った時、目を真ん丸にしておどけた顔をされ「どうも、こんにちは。」と返してくれました。
その表情が何とも愛らしくて…綺麗かつ上品な雰囲気を漂わせている方でした。
そんな印象を持った反面、この方がおかれている現状に、憤りと悲しみ、その他もろもろの何とも言えない気持ちで胸が一杯になりました。

何かが間違っている。いや、間違いだらけだと思いました。
そして、恐らく、これは氷山の一角を目にしただけだとも感じました。
こんな状況を望む人はいないはずです。
身体拘束に関わる同意書のサインさえあれば心おきなく隔離し、縛られる世の中なのです。
たとえ、それが力ないお年寄り、女性であっても…。

介護は突然やってきます。
そんな時、入居する場所を選択する余裕もないことが往々にしてあります。
ここ福岡市では、本人や家族が希望する入居したい場所に辿り着けることは現実的に難しく、稀なことです。
そして、どうすることもできず、入居すると判断した家族には何の落ち度もありません。また、退去することも容易ではありません。
本人も家族も人生の最終章にこんな現実が待ち受けているとは思ってもいないはずです。

自分達はまず、この方が「人」に抱いてしまった不信感、不安感、失望感などを抱かないような関わりをすることから始めました。
「嫌がることは絶対にしない。」ことが人への信頼回復につながれば…と希望を持って。
逆に言えば、それしかできないと言える状況でした。

今後も同じような出会いがあると思います。
しかし、自分達は、この経験を糧に、目の前で一緒に過ごすお年寄りにとって「大事にすべきことは何なのか」を見失わないように努めていきたいと思っています。IMG_1717

今回は思い切って、一部のお年寄りを取り巻く状況を報告させていただきました。
外出や催し物などの明るく楽しい出来事もたくさんありますが、自分達はこのような現実とも向き合っています。

このことは、実践の中に埋もれてしまうより、伝えていくことも大切だと感じました。
そして、介護保険制度から生み出される歪みで犠牲になっている方がいる事実を知ってもらいたいと思っています。
こういった問題にどう向き合っていくべきか、専門職として、また自分の事として考える必要性があるような気がしています。 

大事にすべきこと①

日々の実践をするうえで、宅老所よりあいの頃から大事にしていることがあります。

お年寄りをたらい回しにしない。
隔離しない。
縛らない。
薬漬けにしない。
おしっこうんこはトイレでしたい。
食べ物は口から食べたい。
できれば一人ぼっちではなく、気心しれた仲間と味わいたい。
そして、時にはその仲間たちと季節を楽しみたい。
最期は穏やかに寿命を迎えることのできるように努めます。

上記のことをお年寄りと関わる上で大切にしています。
な~んだ、当たり前のことばかりじゃないか…と思われるかもしれません。

じいちゃん歩く4

先日、入居されたお年寄りは、この全てを入居、入院した先々で逆の意味で網羅されてきた方でした。
この方は、他のお年寄りの部屋に入る、暴言を吐く…という理由でいとも簡単に向精神薬が処方され、その量は月日とともに増していきました。
大量の薬を処方する前に、自分達の支援や体勢を十分に振り返る機会があったことを切に願います。

そして、行く先々で同じような対応を受け続け、辿り着いた場所は精神病院でした。
何もない真っ白な壁に囲まれた四角い空間(病室)で過ごしたこともあったと聞きます。
重大な罪を犯してしまった人でさえも、もっと人権が守られているような気さえします。

また、口から食べてもらえないとわかると、鼻腔栄養が待ち構えていました。
栄養を流すための管を抜くからと両手には手袋(ミトン)。
手袋の中には指を動かせないように発砲スチロールのような物がたくさん詰まっていました。
さらにその両手をベッド柵に縛られてガンジガラメ、身動きがとれない状態となっていました。

②へと続く

 

海だー!!

ある日の午後、海沿いにある道の駅にひまわりが咲いているかも?とのことで、ひまわりを探しにドライブに出かけました(^_^)v
IMG_1407
道中、一人のお年寄りが「苦しいです。。」と言う言葉をつぶやかれます。
普段からこの言葉がよく出てこられる方で、その時によって理由は違うことがあり、職員達も悩みながら関わっています。
しかし、せっかくのドライブです。何とか楽しい気分になってもらいたいと、あれやこれやと話しをして「苦しさ」からの脱出を試みました。けれども、それはどれも一時的な物ですぐに「苦しいです。。」に戻ってしまいます。

そんな中、目の前に海が現れました!

一人の職員が叫びます!(^^)!

「うみだ~!!バンザーイ!」

すると、さっきまで「苦しいです。。」と言われていたお年寄りもつられて「海だ~!!バンザーイ!!」とニコニコしならが叫んでくれます。
そのことに味を占めた職員達は車の中で大盛り上がりです。
8人乗った車の中はお年寄りと職員達の海だ海だの大合唱になりました(^O^)/IMG_1393
そして、無事に道の駅に到着しました。
ひまわりが…ない…(T_T)時期を間違えてたようです…。残念…。出直します!IMG_1402
帰り道、また同じように「苦しいです。。」とつぶやかれます。
しかし、僕たちの目の前には「苦しさに勝る」救世主!の海がまた見えてきました(^_^)v

またしてもみんなで海だ海だの大合唱(^O^)/
なおかつ、次は何か海に向って叫びましょう!!と言うことになりました。
すると、そのお年寄りはノリノリで「好きだー!!大好きだー!!〇〇〇さんが大好きだー!!!」と大きな声で叫んでくれました!(^^)!
それに続けと職員も「好きだー!大好きだー!!〇〇〇さんが大好きだー!!!」とライバル心むき出しで叫んで、一同大笑いのドライブとなりました。IMG_1403
まるで、中学生のノリのようなドライブだな…と思われても仕方ないですが(汗)

まとめますと、「苦しさ」の中に見れた一瞬の晴れ間に、みんなで大喜びしてしまったと言うドライブの話です(^-^)

普段目を閉じて過ごしている方が見せる一瞬の微笑みや、フフフと笑った時のあの笑顔。
日中ほとんどお話しない方の突然の大笑いや話し声。
常に焦燥感に駆られている方ののんびりとした歌声♪♪などなど。

その一瞬一瞬に出会えた時が素直に嬉しく、面白いと感じます。

そんな場面をたくさんつくれるように、きっかけを見逃さないようにお年寄り達と一緒に過ごしていけたらなと思います!(^^)!

※よりあいの森では、使い古しのタオル大募集中です。もちろん、新品でも…ありがたく頂戴いたします(-_-;)また、「車」も募集中です。詳しくはホームページ上の車募集中!!を覗いていただけたら…と思います。お願いばかりで本当に申し訳ございません(>_<)

 

丸ボーロ

本日の3時のお茶菓子は手作り丸ボーロです!(^^)!
ご家庭で「おやつ」としてよく丸ボーロを作っておられた方がシャカシャカと!!

IMG_1265
さすがの手際ですね。

IMG_1276
ホットプレートとオーブンレンジで焼き上げます。

IMG_1274

IMG_1281
はい!!出来上がり!!!

(丸ボーロは佐賀県佐賀市を代表する銘菓の一つです)

さてさて、みんなの感想は……アッ!おいしー!!
娘さん達のことを思い、いつも「丸ボーロ」作ってあったのですね(^O^)/

次は誰のレシピで何を作りましょうかね~(^_^)v

お知らせ

毎日毎日、猛暑が続きますね(+o+)皆さんいかがお過ごしでしょうか??

宅老所よりあい、第2よりあい、よりあいの森にて職員を若干名募集しています。

ブログをご閲覧の皆さん!一緒に私たちと働きませんか??

ご興味ある方は、ホームページ上の求人情報、看護師求人情報をご覧ください(^O^)/

よろしくお願いいたします。

⇓ 詳しい情報になります。クリックお願いします。

求人情報【よりあい・よりあいの森】

看護師募集・詳細情報
◎お問合せ
〒814-0104 福岡市城南区別府7丁目9-22
特別養護老人ホームよりあいの森
☎092-845-0707 担当:椎原・吉満

求人ノブエ