お餅

朝ご飯を食べ終わって、みんなで一息ついていた時のことです。
唐突に一人のお年寄りが「お餅はないですか??きな粉餅を作りませんか?」と言われました。

突然…お餅ですか!?しかもきな粉餅(‘◇’)ゞ

ありがたいことに買い置きしていたお餅がありましたので、きな粉餅を作ることになりました。一口サイズに切って、湯がいて、きな粉にまぶして…。
IMG_6804
チャチャっと出来上がりです!

さあ!みんなで食べましょう!(^^)!

お餅を喉に詰めないかと冷や冷やする職員を横目に、皆さん黙々と平らげていきます。

Kさんは隣にいたお年寄りに話しかけます。
「あんた食べんと?美味しかよ~。食べさせてあげる。」と言って、きな粉餅を隣のお年寄りの口に運びます。
IMG_6817
それを見ていた職員が「僕にも!」とお願いすると「仕方なかね~。食べさせてあげるよ。」と職員の口にもポイっときな粉餅を入れてくれました(^O^)
IMG_6821
お餅。
職員としては、喉につめないか冷や冷やします。それでも、お餅が大好きなお年寄りはたくさんいます。もちろん、食べている時は、細心の注意が必要です。
IMG_6815
リスクをとるのか…暮らしの豊かさと食べることの喜びをとるのか…。とっても難しい時代となっていますが…。
出来る限りの手を尽くしながら、みんなが食べたい物を食べたい時に食べてもらいたいです。そして、その喜びや美味しさをみんなで分かち合えると嬉しいです(^O^)「最後まで口から食べることを支援する。」よりあいの森が大切にしていることの一つです。

何はともあれ、今日もお餅を喉に詰めることなく、美味しく食べてもらえて良かったです(^^♪

白菜の漬物

よりあいの森、1階のばんざいユニットでの毎日の何気ない会話です。

職員「どんなお漬物がお好きですか?」
Kさん「白菜漬けが好き。おばあちゃんが作ってくれよったとよ。」
職員「そしたら、今度みんなで漬けてみましょうか??」
Eさん「その時は私も手伝うよ~!(^^)!」

こんなお年寄り達とのやり取りから白菜漬け作りをすることになりました。IMG_6830
思い立ったが吉日(^O^)/
みんなで白菜を切って、日に干して、塩にまぶして、鷹の爪と昆布を入れました。そして、重しを乗せて…後は漬かるのを待つだけです。
IMG_6835
IMG_6845
IMG_6869
Eさん「まだ、食べれんかね?待ち遠しいね。お店でできてるやつを買ってきたら良かったねえ。」
職員「4~5日は漬けとかないといけないみたいですよ。」

みんなで早く食べたい気持ちを我慢しながら待ちました。

それでも待ちきれない様子のAさんに

職員「白菜の様子を見に行ってみましょうか??」
Aさん「食べたらいけんと??早く食べたい!」
Kさん「できとるとやないと??明日の朝ご飯にでも食べてみようかね。」

けれども…待ちきれなかったAさんに、ご飯と白菜漬けを用意するとパクパクと食べました。
IMG_6920
職員「味はどうですか?しっかりと漬かってましたか??」
Aさん「美味しくない!!」とズバリ(‘Д’)
職員「ええー!一口下さい。」(むむむ。確かに塩辛い(+o+))

よりあいの森では、その日のお年寄り達との会話の中から、何か始まることを大事にしています。それは、どこかへ行きたいという思いだったり、何かを食べたいとの要望、何かをしたいという願いであったりと、その時によって違います。だから、自分達の暮らしと同じで、日課やスケジュールは特にありません。

これからも、毎日の何気ない暮らしの中で「各職員がお年寄りから受け取った言葉や思いを形にする。」そのことによって起こる日常をみんなで一緒に楽しんでいきたいです(^O^)/

※残った白菜漬けは、後日、しっかりと塩抜きしてみんなで美味しく頂きました。

職員名簿作成中

よりあいの森にはありがたいことに色々な方が来訪されます。

ご家族、ボランティアさん、地域の方々、地域専門職の方々、見学者の方々などなど。

そんな色々な方々と職員達との区別がつかなくて誰に声をかけて良いものか迷ってしまう…との意見から、職員似顔絵名簿を作成することになりました。

確かに…自分もよりあいで働き出した時、誰が職員で、ご家族で、ボランティアさんで、地域の方で…と、わからない時期がありました。

そのくらい、自然と色んな人の出入りがある場所だということですよね(^_^)v

名札をつけたり、写真の掲示板だとなんだか暮らしの場にはそぐわない気もしますし…。
IMG_3440
よりあいの森には芸術肌の職員が多くいるため、皆が描いた似顔絵より選抜することにしました。
IMG_3446
出来上がるまで少々時間を要すると思いますが、首をながーくしてお待ちください(‘◇’)ゞ今しばらく誰が誰だかわからないよりあいの森をお楽しみくださいませ(>_<)
IMG_3444IMG_3442
それでは、現在進行中の物をチラリと(^O^)

職員達から「私たち、僕たちは、こんなんじゃなーい!!」と指摘されないように、よりあいの森のデザイン部R隊長を筆頭に一人一人頑張って描きます(^_^)v

干し柿

今年も大量の渋柿を頂きましたので(^O^)/
IMG_2975

手際よく皮をむいてくれて(^_^)v
IMG_2977

干しましたー(^^)/~~~

食べ頃はいつになるかな~♪

美味しい渋柿になりますよ~に(^O^)/

美味しくな~れ、美味しくな~れ♪と願いをかけて…。

みんなで指をくわえて楽しみに待ってます!!

お友達

以前に当ブログでご紹介いたしましたが、よりあいの森では月1回「サロンなごみ」を開催しています。
先日も予定通り開催され、よりあいの森で暮らしているお年寄りも参加させていただきました。
IMG_2793
日本舞踊の演武を鑑賞したり、みんなで歌を歌ったりで和気藹々の場となりました!(^^)!
IMG_2764
さて、今回の「サロンなごみ」では、新しい出会いがありました!!
たまたまお隣同士となった地域の方とよりあいの森で暮らしているお年寄りが意気投合しました(^O^)
女性同士、会話は弾みます。そして、そのおしゃべりは留まるところを知りません。
「サロンなごみ」の時間は終了となりましたが、名残惜しさ満載でしたので…。
お年寄りが暮らしている2階へその地域の方もご案内しました。

そこでもおしゃべりは止まりません。気がつくと夕食の時間となっていました。

それでも、まだまだ名残惜しい感じがありましたので、夕食もご一緒しました(^O^)/
IMG_2817
再会をお約束し、ご自宅にお送りして「サロンなごみ」からのおしゃべり会は終了しました。時間を忘れるほどにおしゃべりに夢中になれるって…このブログを投稿しているわたくし城取(男性)には想像を絶するものがありますが。とても羨ましく、微笑ましく感じました。

ともすれば、自分達と森で暮らしているお年寄りの関係は「介護する側」「介護される側」となってしまっていることがあります。職員達はそのような関係性にならないよう日頃から意識する必要があり、心掛けていますが。

今回「サロンなごみ」で出会った地域の方とできた「対等な関係性」は職員達では、築くことができないものだと実感しました。

地域との関係が深まるほどに、お年寄りと今回のような彩りある新しい関係が生まれてきます。よりあいの森だけの関係性に留まることなく、これからもこんな嬉しく楽しい出会いの場を出来る限りつくっていけたらな~と思います(^O^)