今年もお世話になりました(^O^)

IMG_5168

IMG_5164

IMG_5167

IMG_6314

「1年あっという間やね~。なんで1年365日にしたっちゃろーか。500日くらいにしとけば良かったとにね~。年取りとーなかね~。アッ、来年の干支はなにどし??」といつも質問してくるお年寄りがいます。

何度も「ねずみどし」です。と答えているうちに、その質問は習慣となり、習慣が記憶となり、自ら「ねずみどしやったっけ??」と言うことが増えてきました(^O^)

習慣って大事ですねー(^^)/~~~

このお年寄りの口癖は「こけの生えた乙女。」(^O^)

今年のよりあいの森の流行語大賞ノミネートですね(^O^)

 

ではでは、皆様、今年も本当にお世話になりました。

一年間、当ホームページを見て頂き、本当にありがとうございました。

来年も楽しく!!良い年でありますよーに(^O^)

IMG_4674

秋を感じに(^^)/

「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬる」

「秋が来たと目にははっきりと見えないけれど風の音で秋の訪れにはっと気づいた」

と「古今和歌集」には秋の到来を詠んだ有名な歌がありますが、私達は秋の訪れを目で感じてきました!(^^)!

 

朝からお弁当を作ってやってきた場所は・・・
image6
そう!

キリンビール工場 コスモス園(*^_^*)

image1
image9

約一万本ものコスモスが辺り一面に広がり、

image1 (007)

みんなで秋の情景を満喫いたしました(^^♪

それから~

image10image8image5

コスモスを眺めながらみんなでワイワイ昼食タイム(^^)/

花より団子??楽しい食事にみなさんいつも以上に箸が進んでありました(*^▽^*)

やっぱり、楽しいと美味しさや食欲も倍増するものですね(*^_^*)

さらにさらに~

image11
image14

「コスモスフェスタ2019」が開催中ということで、地元の特産品をメインにした露店もたくさん出店してありました(^^)/

さっきお腹いっぱい食べたばかりなのに、食べ物に釣られてしまうのは「食欲の秋」「別腹の秋?」だからですかね(^-^;

思わぬところでも「秋」を感じることができました( ゚Д゚)

何度カメラを向けられても、みなさん笑顔でポージング(*^^)v

image4
image3
image2
image7

コスモス園に咲いていた花のように、お年寄り達の笑顔も満開となった、とても楽しい一日でした(^^)/

これからも、春・夏・秋・冬、四季折々の情景をお年寄り達と一緒に楽しみたいですね!(^^)!

 

第2よりあいバザーその⑤ いよいよ・・

残すところ明後日に迫った第2よりあいバザーですが多くの皆様の協力のおかげで着々と準備が整ってまいりました。お忙しい中時間をさいて第2よりあいに足を運んでくださっているボランティアの方々、本当にありがとうございます。

持ち寄ってくださった素敵な手作り品。

IMG_0765

IMG_0806

本日の値付け風景。とても賑やかな雰囲気。

IMG_0794

そして夕方、夕飯前のクニ子さんもドレッシングの瓶を丁寧に拭いてくださいました。

IMG_0803

残すところあと一日。

職員一丸となって頑張ります!!

jj

令和元年10月27日(日)10時半~15時まで開催します!(^^)!雨天決行!!

2号さん!?

「ケ・セラ・セラ~♪なるようになる~♪先の事など分らない~♪」

後部座席から聞こえてきた「三好さん」の朗らかな歌声に、職員はお年寄りのたくましさを感じるとともに、ちょっぴり笑いがこみ上げてきました。と言うのも…。

~数カ月前の出来事です。

その日は、よく晴れた気持ちのいいお天気でした。

後部座席にお年寄り二人(三好さんとSさん)を乗せて糸島方面(福岡市から西側の海の方)へドライブに出掛けました。絶好のドライブ日和…のはずが、途中、何やら雲行きの怪しくなるような話し声が聞こえてきたのです。

 

三好さん「ねえ、あんたに相談したいことがあるとよ。」

Sさん「どうしたんね、今日はいつもより元気ないと思いよったんよ、何でも話しぃよ!」

三好さん「旦那が浮気しとったんよ、よりあいに2号さんがおる!」

Sさん「は?旦那やなくて、息子さんにやろ?」

三好さん「息子やないよ、私の旦那よ。」

Sさん「旦那って…まだ旦那さんは生きとぉーと??」

三好さん「うんにゃ!死んだ旦那よ!でも、今になって旦那に2号さんがおることが分かったんよ、こんな屈辱あるとは思わんかった!この年になってまでこんな思いするなら……」

 

そう言葉を詰まらせ、三好さんは涙を流し始めました。

 

Sさん「そんな事あるもんね、大丈夫よ、男は浮気するもんやけんいいとよ、ほっとけば!あんた、気丈に振舞いなさい!なるようになるくさ!」

 

と、三好さんの気持ちに寄り添い励ますSさん。

聞き耳を立てていた職員は、近くの駐車場に一旦停車。浮かない表情で窓の外を見つめる三好さんの姿に、なんと声をかけていいか分らず見守っていると…

 

「ケ・セラ・セラ~♪なるようになる~♪先の事など分らない~♪」

と今迄の落ち込みようはどこへやら…明るく歌い出し、いつもの元気が戻った三好さん(^^♪

その姿を見た職員とSさんは、ほっと胸を撫で下ろし、3人で「ケ・セラ・セラ~♪」と歌いながら、糸島の海を眺めて帰ったとさ(^^)/

CIMG1687

※ここでの2号さん(愛人)とは、第2よりあいから異動してきた末吉と後になって判明しました。末吉は、第2よりあいに通われていた三好さんのご主人の事をよく知っていたため、三好さんは勘ぐって末吉の事を2号さんだと思い込んでしまっていたようでした。

いくつになっても女性的で乙女心満載な三好さんに、ほっこりしたエピソードでした(^^)/

CIMG1705

誤解が解けて、今ではすっかり仲良しの三好さん(右)と末吉(左)(*^_^*)

jj

10月27日(日)は第2よりあいのバザーです!(^^)!みんな集まれ~!!!

http://www.instagram.com/yoriainomori/?hl=ja よりあいの森Instagram

どっちも本物

ある日、「あそこに飛行機のあるね。」とおばあちゃんが言った。

おばあちゃんが見ている場所を確認する。IMG_6416

そこには、どこにでもある一軒家が数件、軒を並べている。
この辺りは住宅街。自転車くらいの大きさの飛行機であれば、降りたてるかもしれない。

「あそこに飛行機の斜めんなってね~。白いのに赤い線の入っとるやろもん?」
それから数カ月、毎日、飛行機はその場所に降りたっていた。

40895355_PW36[1]

その飛行場がいつの間にかなくなり、年末も近付いてきたある日。

「昨晩ね、そこでおばあちゃん達のね、餅つきばしよったとよ。遅くまで…。」
飛行場があった場所で、今度は餅つきが始まった。
この辺りは住宅街。餅つきくらいはできる大きさの屋根がある一軒家もある。

日によっては遅くまである時、早々に切り上げる時があり、賑やかな時と静かに黙々と餅つきをしている時があった。

「みんな一生懸命でね~。昨日は6人くらいおったかな~。う~ん。」とその表情は真剣そのもの。
それから数カ月、ほぼ毎日、3~6人おばあちゃん達が集まり、餅つきに精を出していた。

moon_a2[1]

そんな餅つきのおばあちゃん達が解散した、春から夏に季節が移り変わろうとしているある日。

「牛のおるね~。ジーッとしてて、おとなしいね。は~。」

飛行場の跡地にあった餅つき場は、牛が放牧している牧場?となった。

何度も言うように、この辺りは住宅街。昔は牛を飼ってある所もあったかも…。
牛も日によって何頭もいる時と、そうでない時があった。

「しかし、おとなし~ね~。かわいい顔して~、ねえ~、う~ん。」そう言いながら、愛おしそうに牛たちを眺めるおばあちゃん。
それから、現在にいたるまで、牛は毎日放牧され、のんびりしている。

46197035-かわいい漫画牛のイラスト[1]

数カ月ごとに窓から見える景色が変わる。その景色が変わるのが楽しみで仕方ない。

おばあちゃんの現実と自分の現実、どっちが本物かなんてどうでも良い。

言ってしまえば、どちらも本物。

一つの世界の一つの場所に、違う現実がいくつも存在しているだけのこと。

さて、次はあの場所でどんな物語が始まるのかな~(^-^)楽しみ楽しみ(^O^)

http://www.instagram.com/yoriainomori/?hl=ja よりあいの森Instagram