ヨシエさん

令和元年6月6日、道子さん(長女)から見守られ、耳元の電話口では、三女さんより「ありがとう!」と感謝の気持ちを伝えられ、ヨシエさんが寿命を迎えた。

とてもとても穏やかな最期の時間だった。

ヨシエさんは4月末頃より細かった食がより細くなっていた。
道子さんは、それから計18日間をよりあいの森に泊まり込み、ヨシエさんとの時間を過ごされた。
IMG_5476

よりあいとヨシエさんとの付き合いは長い。
とても健脚で「思い出探しの旅」によく歩かれていた平成13年頃からのお付き合いだった。

当時の職員は、ヨシエさんと一緒に富士山に旅行に行かれたこともある。

どこまでも歩くヨシエさんを支えるために「ご近所応援団」という地域の集まりもできた。

ヨシエさんを中心として、道子さんと地域と「よりあい」の縁が生まれた。

そして、道子さんはヨシエさんを支えるとともに「よりあい」も支えてくれた。
そのボランティア精神には職員の誰もが頭の下がる思いだった。

IMG_0065

元気に歩いていたヨシエさんもいつの間にか96歳となっていた。

IMG_5447

道子さんは職員と共にヨシエさんの全てに、特に食べることに最期までお付き合いされた。献身的に関わるその姿を見ていた職員達は、ヨシエさんと同時に道子さんの心配をした。
刻一刻とヨシエさんに残されている時間が短くなっていくのが見て取れる中、道子さんはその様子を受け止め、一緒に過ごす時間を噛みしめているように見えた。

IMG_5486

6月6日の朝、よりあいの森の正面玄関から三味線の音が響いた。
職員の奏でる「炭坑節」だった。
母は賑やかなことが好きだったから、賑やかに送り出したいと、みんなで歌いながらヨシエさんが乗った車を見送った。

誰にでも訪れる最後の時間。
その短くも貴重な時間を、家族とともに、涙交じりでも色とりどりの思い出話をしながら見送ることができたことに職員一同感謝の気持ちで一杯となった。

これからも「穏やかな最期を迎えることができる場所」として、そこに繋がる日々の営みを家族とともに大切にしていきたい。

ヨシエさん、村川さん、ありがとうございます。そして、本当にお疲れ様でした。
IMG_3054
(ヨシエさんと富次郎さん、ご夫婦です(富次郎さんはH29.101歳でよりあいの森で寿命を迎えました))

バザーご協力ありがとうございました!

バザー当日はG20国際会議の会場がすぐ近くと言う影響もあり、宅老所よりあいの周辺は厳重な警備体制が敷かれ、何やら物々しい雰囲気(゚Д゚;)

(こんな中、お客さんは来てくれるだろうか?)

職員全員そんな不安を抱えたまま、朝の準備を進めていました(>_<)

刻一刻と開催時刻が迫る中、少しづつお客さんの列ができ始めはしましたが、例年よりは少ない印象(+_+)

嫌な予感が当たってしまったと思いながらも、来て下さった方々に楽しんで頂けるようにとすぐに気持ちを切り替え、第25回宅老所よりあいバザーはスタートしました\(^o^)/

幸いにも天気に恵まれ、最初は少なかったお客さんも、時間が経つにつれどんどん増えていき、お昼時にはたくさんのお客さんで溢れて返っていました!(^^)!

「掘り出し物が見つかりました!」

「豚丼美味しかったです!」

「今年も楽しかったですよ!」

などなど大変嬉しいお言葉もたくさん頂くことが出来ました(*^▽^*)

最初はG20の影響でどうなる事かと不安の中始まったバザーでしたが、本当にたくさんの方々が足を運んで下さり、大盛況のうちに終えることが出来ました(^_^)

遊びに来て下さった皆様、本当にありがとうございました。